更年期障害 胸の痛み

Sponsord Link


更年期障害のメカニズム

更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、起こる症状の事です。

 

女性は40代後半から50代前半になると閉経を迎えますが、閉経に伴う女性ホルモンの減少によって、めまいや頭痛などの、不快な症状が引き起こされるのです。

 

この閉経を迎える前後10年の時期を更年期と呼んでいるので、更年期障害と呼ばれているのです。

 

この女性ホルモンは、女性の機能を保つと共に、骨粗鬆症や肥満、心臓病などのリスクを抑える働きを持っています。

 

その為、ホルモンバランスが崩れ更年期障害が始まると、骨粗鬆症や心臓病、肥満や高血圧症のリスクも自然と高まってしまうのです。

 

主な更年期障害の症状としては、

 

  • 月経不順
  • めまいやのぼせ
  • 頭痛や動機、息切れ
  • イライラ感やうつ感など
  • 著しい不眠や食欲低下など

 

が挙げられますが、更年期に入り、これらの症状とは明らかに違う症状が出た場合は、注意が必要です。

 

更年期に気をつけなければいけない症状〜胸の痛み〜

更年期に入ると、ホルモンバランスの崩れから、様々な不快な症状に悩まされる事も多くなります。

 

めまいや動機、息切れ、頭痛や不眠、食欲低下など…。

 

これらの症状は、更年期障害による一般的な症状なので、適切な治療を行なっていけば、改善していく症状ばかりです。

 

ですが、中には気をつけなければいけない症状もあるという事を、覚えておいて下さい。

 

女性ホルモンは、女性の健康を保つ為の大切な機能であり、ホルモンバランスが崩れるという事は、骨粗鬆症や心臓病などの血管の病気、肥満などのリスクも高まるという事に繋がります。

 

中には、更年期に入り、胸の痛みが気になる様になったという方も居ますが、その場合はすぐに医者を受診して下さい。

 

先ほども説明しましたが、女性ホルモンは心臓病や狭心症など、血管の病気を防ぐ大切な役割を担っています。

 

その為、ホルモンバランスが崩れ、分泌が減少すると、血管の病気のリスクがとても高まるのです。

 

その為、更年期に入ってから、急に胸が痛くなったりする場合、狭心症などの心臓病を発症している危険性もあるのです。

 

いつもと違う胸の痛みを感じたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

Sponsord Link