更年期障害 ヨガ

Sponsord Link


更年期障害の改善にはヨガが効果的

女性が閉経を迎える年齢の、前後10年の時期の事を更年期と呼んでいます。

 

この更年期に起こる、めまいや火照りなどの、様々な体の不調の事を、私達は「更年期障害」と呼んでいるのです。

 

更年期障害の原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が、大きく関係しています。

 

女性ホルモンが減少してしまうと、体の機能が混乱し、自律神経失調症と似た症状を発症してしまいます。

 

それがのぼせや火照り、動機や息切れ、激しい頭痛、イライラ感やうつ感などの症状に繋がり、更には骨粗鬆症や、血管の病気や肥満などのリスクも高まります。

 

更年期障害が原因で起こる病気の改善・予防の為には運動療法が効果的と言われており、その中でもヨガが一番効果的だと言われています。

 

ヨガはなぜ更年期障害に効果的なのか?

更年期障害は、ある一定期を過ぎるととても楽になります。

 

ですが、一度発症してしまうと、長い間その症状に苦しむ事になってしまいます。

 

中には日常生活に響いてしまう程、症状が重くなってしまう人も…。

 

この更年期障害の症状の一番の原因は、女性ホルモンの減少と言われていますが、体だけでは無く心まで不安定になってしまうのです。

 

女性ホルモンが減少すると、それまで保っていた女性としての機能を失うだけではなく、精神的に不安定になり、自律神経失調症とよく似た症状を発症してしまいます。

 

その他、冷え症やむくみなど、女性特有の悩みをも増長させてしまいます。

 

これらの症状を改善する為には、運動療法で血行を良くし、体の細胞を活性化させる事が有効です。

 

心身共にリフレッシュさせる事が必要だと言われていますが、その中でも特にヨガは、更年期障害の改善に効果的だと言われています。

 

ヨガは、決して激しい運動ではないので、体力の心配をする事なく、誰でも取り組める運動法の一つです。

 

ゆっくりとした動作で、独特なポーズを取っていくのですが、ポーズによっては自律神経に働きかけ、血行を良くし、心身共にリフレッシュさせてくれる効果もあります。

 

弓のポーズと言われているアーサナのポーズなど、更年期障害の症状に効果的と言われていますので、ぜひ挑戦してみましょう。

Sponsord Link