プレ更年期障害

Sponsord Link


プレ更年期障害とは?

女性は、40代後半から50代前半位の年齢に差し掛かると、分泌される女性ホルモンが減少し、閉経を迎える事となります。

 

閉経を迎える前後10年位の時期を「更年期」と呼んでいますが、この更年期に起こる様々な不快な症状の事を、「更年期障害」と呼んでいるのです。

 

更年期の直前にあたる30代後半から40代前半の時期を「プレ更年期」と呼んでいますが、この時期に更年期障害と同じ症状が出始めてしまう事を「プレ更年期障害」と呼んでいます。

 

プレ更年期障害はその名の通り、まだ更年期に入る前の女性が患ってしまう事が多く、その為患者のほとんどが、更年期障害だとは気がつかずに過ごしてしまいます。

 

更年期障害は、更年期に入る前後10年に渡って発症しますが、人によっては発症しない事もあります。

 

しかし、発症してしまうと、辛い症状で悩まされる人も多く、女性ホルモンが減少する事で起きる骨粗鬆症や血管の病気などにもかかりやすくなります。

 

いずれは収まってくる症状ですが、症状が重い場合、人格にも影響する事もあるので、早期発見・治療が望ましいとされているのです。

 

自分がプレ更年期に入ったら、更年期の症状が出ていないかを、定期的にチェックしていく事をお勧めします。

 

プレ更年期障害を発症してしまったら?

 

30代後半から40代前半のプレ更年期に入ったら、定期的に更年期障害のセルフチェックを行う事をお勧めします。

 

  • 生理が不順になってきた
  • めまいや動機、息切れが多くなった
  • 異常に汗をかきやすくなった
  • 頭痛やほてり、のぼせ感などを感じる様になった
  • 食欲が低下し、不眠ぎみになった
  • 気持ちが沈む事が多く、イライラする事が増えた

 

この様な症状に1つでも当てはまる事があれば、更年期障害の専門外来へ行き、適切な治療を行う事をお勧めします。

 

女性ホルモンの減少により起こる症状ですので、女性にとっては避ける事の出来ない病気だと言えますが、辛い症状を放っておくと、時に人格を破壊する程、症状が重くなる場合もあります。

 

少しでも辛いな、と感じたら、我慢せずに受診する様にしましょう。

Sponsord Link