更年期障害の症状 女性 40代 イライラ

Sponsord Link


女性の40代に多い更年期障害の症状のイライラについて

女性も40代に差し掛かる時期に、ささいな事でイライラしてしまったり、急にやる気を無くしてうつのような症状が出てしまったりという事はありませんか?

 

または、あまり体を動かしていないのに動機や息切れがする、めまいが頻繁に起こる、などといった症状はありませんか?

 

これらの症状が頻繁に起きる場合は、更年期障害の症状である可能性があります。

 

特にこれらの症状は、40代の女性に多く見られる症状です。

 

なぜ、うつやイライラ、動悸や息切れなどといった症状が40代の女性に現れるようになると、更年期障害と言われるのでしょうか?

 

更年期障害とは、更年期のホルモンバランスの崩れにより引き起こされる症状の事を言います。

 

更年期とは、閉経が起きる40代後半から50代前半の、前後10年の時期を指し、この時期に起きる様々な体調不良は、更年期によるホルモンバランスの乱れから起きる症状だったのです。

 

その為、女性は40代を差し掛かったあたりから、イライラやうつ、めまいや動悸などといった症状が頻繁に現れるようになったら、更年期障害の症状を一番に考えた方が良いとされているのです。

 

40代の女性の更年期障害でイライラやうつの症状が現れるのはなぜ?

更年期障害で最もポピュラーな症状として、めまいや動悸、息切れなどが挙げられていますが、何もないのに急にイライラしたり、うつのような気分の浮き沈みの症状が見られる場合もあります。

 

なぜ、更年期障害でうつやイライラといった、精神的な症状が現れるのでしょうか?

 

更年期障害の原因は、女性のホルモンバランスの乱れによって起こります。

 

子宮で分泌されている女性ホルモンが、加齢により減少してしまうのですが、脳は女性ホルモンの分泌を正常に行うように、指令を出してきます。

 

この指令を伝えるのが自律神経の役割なのですが、脳と子宮の働きが異なる為、混乱してしまい、自律神経の働き自体が鈍ってしまう為に、イライラのような不調が現れてくるのです。

 

自律神経は精神を安定させる働きもあり、女性ホルモンには気持ちを安定させる作用もあります。

 

この2つの機能が乱れ、失われていく事により、精神的な不安定を引き起こしてしまう為に、理由もないイライラ感や、気分の浮き沈みが激しいといったうつの症状に悩まされるのです。

Sponsord Link