更年期障害の症状 女性 40代 めまい

Sponsord Link


40代の女性が感じる更年期障害の症状とは

女性は、40代後半から50代前半に差し掛かる更年期と呼ばれる時期に、閉経を迎える仕組みとなっています。

 

閉経を迎える前後10年の間に徐々に女性ホルモンの分泌が減少していくのですが、このホルモン分泌の減少こそが、めまいや動悸などといった症状の原因になっているのです。

 

女性ホルモンは減少しますが、逆に脳からはホルモンを分泌させるように指令を下します。

 

この指令を伝える自律神経が混乱してしまい、正常な働きが出来無くなってしまう為に、更年期障害の症状として現れるのです。

 

症状が現れ始めるのは、女性40代半ばを差し掛かるあたりから、強く出始める人も居ます。

 

主な症状としては、めまいや体のほてり、動悸や息切れなどといった症状から始まる人が多いようです。

 

体質的に貧血持ちの女性も多い為、貧血が原因のめまいだと勘違いしてしまう場合もありますが、40代を過ぎてからめまいが頻繁に起きる場合、更年期障害のサインかもしれません。

 

また、動悸や息切れ、月経不順などといった症状が現れ始めた場合は、内科や婦人科などを早めに受診する事をお勧めします。

 

男性にも更年期障害の症状があった?

更年期に入り、女性ホルモンの大幅な減少が原因で起こる、更年期障害ですが、実は男性にも更年期障害の症状は現れるのです。

 

一見、男性の更年期障害と言われるとピンと来ませんが、男性も女性と同じく、男性ホルモンが減少する事によって、自律神経の働きが鈍り、更年期障害の症状が出るのです。

 

関わるホルモンの種類は違いますが、症状が現れる理由は男性・女性共に同じなのですね。

 

男の人の更年期障害の原因としては、女性とは異なり、ストレスや過労が原因で起こると言われて居ます。

 

男性ホルモンもストレスに非常に弱い為に、ストレス社会の現代において、男性の更年期障害も非常に増えてきました。

 

40代、50代に差し掛かる男性は、会社でもそれなりに地位のある職についてる人も多い為、若い頃から比べると、人間関係のストレスや、仕事のプレッシャーも増えてくる時期です。

 

会社の付き合いなどで暴飲暴食を繰り返す事も、身体的なストレスとなり、男性ホルモンを減少させる原因となるのです。

 

男性にも更年期障害があるという事を、ぜひ覚えておきましょう。

Sponsord Link