更年期障害の症状 女性 50代

Sponsord Link


更年期障害が現れる50代の女性

更年期障害の症状は、主に50代の更年期に多く現れます。

 

更年期とは、閉経が起こる40代後半から50代前半の、約前後10年間の事を意味しており、この間に女性の体は徐々に女性ホルモンの分泌を減少させていき、閉経へと辿り着くのです。

 

更年期障害とは、女性ホルモンの現象が原因で起こる症状であり、閉経後も、女性ホルモンの減少に体が慣れるまでは、めまいや動悸などといった副症状が見られます。

 

もちろん、更年期に入ったからと言って、50代の更年期の女性の全てが、更年期障害の症状が現れるという事はありません。

 

症状の出方や強さには、大きな個人差があるのも、更年期障害の特徴の一つです。

 

全く症状が現れない人も居れば、症状が酷くて、日常生活に支障が出る程の人も居れば、20代や30代の若い世代でも、更年期障害の症状が現れる場合もあります。

 

女性ホルモンは、ストレスに非常に弱い性質を持っている為、ちょっとした事でも分泌を弱めてしまうのです。

 

その為、若い世代での発症も、徐々に増えてきている為、年齢に関係無く発症する事がある症状と覚えておきましょう。

 

ただし、やはり症状が一番現れやすいのが、50代前後と言えますので、自覚症状がない人でも、食事や運動など健康に気を使う事が大切だと言えるでしょう。

 

50代の女性に現れる更年期障害の症状

女性が50代になると、閉経を迎えている人も多くなってくるのが特徴です。

 

人間の女性の体は、40代後半から50代前半までに、生殖機能が衰退し、閉経が起きる仕組みになっています。

 

その為、閉経が起きる前後10年の間に、女性ホルモンの分泌が大幅に減少してしまう為、めまいや動悸などといった症状が現れ始めるのです。

 

女性の50代で起きる、更年期障害の主な症状としては、腰痛や肩こり、めまいや体の火照り、大量の発汗などが挙げられています。

 

女性ホルモンは、脳が自律神経にホルモン分泌を促す命令を起し、自律神経が子宮にホルモン分泌を行うように働きかけます。

 

女性ホルモンの減少が起きて子宮の機能が低下し始めても、脳からの指令は止むことは無く、そこで自律神経が混乱してしまう為、様々な症状が現れるのです。

 

自律神経は血流をコントロールして体温調節を促したり、体の機能を正常に保つ為の働きを持っています。

 

この働きが鈍る事で、まず始めに体温調節機能が鈍り、冷えや血行不良を起こしてしまう為、肩こりや腰痛、大量の発汗などといった症状が現れるのです。

Sponsord Link