更年期障害の症状 女性 30代

Sponsord Link


30代の女性の更年期障害について

更年期障害とは、主に40代から50代の、更年期と呼ばれる時期に差し掛かる女性に多く現れる症状の事を言います。

 

症状として、最も一般的に知られているのは、動悸や体のほてり、大量の発汗などといったホットフラッシュという症状や、めまいや頭痛、うつなどの症状が現れる事が多いです。

 

このような症状が現れる原因としては、女性ホルモンの分泌が大幅に減少してしまう事が、一番の原因として挙げられています。

 

女性の体は、ある年齢に差し掛かると、生殖機能が弱まり、閉経を起こす仕組みとなっています。

 

閉経を起こす年齢は、平均では40代後半から50代前半に起きると言われており、その前後10年の間に、閉経に伴い、子宮から分泌される女性ホルモンが少しづつ減少していきます。

 

子宮では女性ホルモンの分泌を減少させているのに、脳は自律神経を通して、月経や排卵を起こす為に、女性ホルモンの分泌を促すように指令を起こし続けます。

 

この行き違いが大きければ大きいほど、めまいや動悸、うつや大量の発汗などの更年期障害の症状として現れてくるのです。

 

ただし、更年期障害の症状は、更年期の女性にだけ起きる症状ではありません。

 

30代の若い世代でも、女性ホルモンの分泌が減少すれば、更年期障害の症状が現れる事もあるのです。

 

なぜ女性の30代で更年期障害の症状が現れるのか?その原因とは?

更年期障害の症状が現れる、一番大きな理由としては、女性ホルモンの分泌が大幅に減少してしまう事が挙げられています。

 

普通、女性ホルモンが減少し始めるのは、40代から50代にかけてが最もピークである為、身体機能が衰えていない30代で症状が現れるのはとても稀な事なのです。

 

なぜ、30代の若い世代でも、更年期障害の症状が現れる事があるのでしょうか?

 

現代の女性は、昔の女性と違い、社会へ出て働くというスタンスが一般的となりました。

 

その為、女性にかかる負担が昔よりも倍増し、仕事や人間関係のストレスによって、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事が、一つの要因として挙げられています。

 

女性ホルモンはストレスに非常に弱い性質を持っている為、ちょっとした事でも、ホルモン分泌が止まってしまうのです。

 

月経不良に始まり、いきなりの大量の発汗やうつなどの症状が見られたら、まだまだ若い30代でも更年期障害のサインかもしれません。

Sponsord Link