更年期障害の症状 男性

Sponsord Link


男性にも更年期障害があります

主に中高年の女性の症状だと思われている更年期障害ですが、実は男性でも更年期障害の症状が現れる事があります。

 

今回は、あまり知られていない男性の更年期障害についてを、お話していこうと思います。

 

更年期障害の症状が現れやすい年代は、女性・男性共に40代から50代にかけてですが、実は30代の若い世代の男性でも、更年期障害の症状が現れる事があります。

 

30代などの、更年期とは無縁の年代で症状が現れる事を、プレ更年期障害と呼んでいます。

 

プレ更年期障害とは、その名の通り、更年期障害の初期症状の事を指しています。

 

男性は女性よりも、更年期の症状が緩やかに進行するのが特徴ですが、症状が酷い場合は、専門外来などで治療を受けます。

 

ただし、男性に更年期障害があるという事自体があまり知られていないので、プレ更年期障害だと気がつかずに、症状を我慢してしまう男性が非常に多いです。

 

まずは、年齢や性別に関係無く、更年期障害の症状が現れるという事を、覚えておきましょう。

 

男性のプレ更年期障害の特徴と原因

では、男性のプレ更年期障害の特徴と原因について説明していきたいと思います。

 

プレ更年期障害更と年期に起こる更年期障害は、言い方は違いますが、どちらも同じ症状が現れます。

 

男性の更年期の症状として、最も一般的な症状として

 

  • からだの火照りや大量の発汗など
  • めまいや動悸、息切れなど
  • 肩こりや不眠、食欲低下など
  • 意欲や意識が低下し、やる気が出ない
  • ささいな事でイライラして、気分の浮き沈みが激しい
  • 性欲が激減する

 

このような症状が最もポピュラーな症状として知られています。

 

これらの症状の原因としては、ストレスなどが原因で、男性ホルモンの分泌が大幅に減少した事が挙げられます。

 

男性ホルモンは、意欲向上を促し、性欲的に活動する為に必要なホルモンです。

 

男性ホルモンの分泌が減少してしまう事で、やる気が無くなったり、性欲が減少したりしてしまうだけではなく、自律神経にも悪影響を及ぼしてしまう為、さまざまな不快な症状として現れるのです。

 

男性の更年期障害の原因としては、仕事によるプレッシャーから来るストレスや、過労や暴飲暴食など、体にかかるストレスが原因で起こると言われています。

 

女性ホルモン同様、男性ホルモンも、ストレスに非常に弱い性質がある為、暴飲暴食は避けるようにし、ストレスを感じたら、なるべく溜め込まない内に発散する事が大切だと言えるでしょう。

Sponsord Link