更年期障害の症状 30代

Sponsord Link


30代でも更年期障害の症状が現れる?

更年期障害とは、更年期に差し掛かる中高年の女性に多く現れる症状の一つです。

 

女性は必ず閉経を迎えますが、閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で起こる症状の事で、症状の現れ方には個人差が見受けられます。

 

中高年の女性の症状だとばかり思われている更年期障害ですが、実は20代、30代の若い世代の女性にも症状が現れる場合があります。

 

なぜ若い世代でも更年期障害の症状が現れるのかというと、ストレスや無理なダイエットなどで女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事が原因です。

 

女性ホルモンは、ストレスに非常に弱い性質を持っている為、少しでも体に負担がかかると分泌量が減少し、バランスを崩してしまうのです。

 

その為、社会的地位も揃えており、仕事のプレッシャーや日々の生活でのストレスが多い30代の多くの女性が、更年期障害の症状と気がつかずに辛い症状に悩まされている事が多いのです。

 

特に30代を過ぎたあたりから、肩こりや腰痛が酷くなってきたという方は注意した方が良いかもしれません。

 

肩こりや腰痛などの症状は、実は更年期障害の症状の一つとして挙げられているのです。

 

女性ホルモンが減少し始めると、血流の流れをコントロールしている自律神経の働きが弱まるため、冷え症や月経不順などの症状が現れ始めます。

 

体が冷えやすいという事は、肩や腰への血液の流れも滞ってしまう為、幹部が冷えて凝り固まってしまいます。

 

その為、肩こりや腰痛として症状が現れ始めるのです。

 

更年期障害以外に気をつけなければいけない腰痛

更年期障害の症状の一つに、腰痛や肩こりといった症状が挙げられます。

 

デスクワークが多い女性にとって、腰痛や肩こりは、慢性的な症状として悩まされている方も多いのですが、30代を過ぎたあたりから急に症状が酷くなってきた場合、更年期障害の可能性もあります。

 

女性ホルモンのバランスが崩れる事により起こる更年期障害は、血液の循環などを司る自律神経の働きを鈍らせてしまう為、冷えや月経不順などが起こりやすくなります。

 

その為、腰痛や肩こりとなるのですが、月経不順などを伴わない強い腰痛がある場合などは、椎間板ヘルニアなどの他の病気の可能性もあります。

 

その為、症状が出始めたら、更年期障害か別の病気なのかどうかを調べる事をお勧めします。

Sponsord Link