更年期障害の症状 眠気

Sponsord Link


その眠気は、もしかして更年期障害かも?

眠気などの更年期障害の症状は、性別・年齢関係無く現れる事があります。

 

ホルモンバランスの乱れによって、自律神経の働きの低下が原因で起きるこの眠気などの症状は、ホルモンバランスが崩れてしまえば、誰でも起こる症状なのです。

 

では、更年期障害には、一体どんな症状が当てはまるのでしょうか。

 

一般的にメジャーなのが、めまいや火照りなどの症状をひとまとめに呼んでいる「ホットフラッシュ」という症状が有名です。

 

暑くもないのに、自分の意思とは関係無くだらだらと汗が吹き出すという症状も、このホットフラッシュの一つとして挙げられています。

 

また、日中に急に強い眠気を帯びる事も、更年期障害の症状の一つとして挙げられているので、最近日中体がダルくて常に眠気があるという場合は、もしかしたら更年期障害のサインかもしれません。

 

他には、自律神経の乱れによって、うつの症状が引き起こされる事もあります。

 

最近、たいした事ではないのにイライラしたり、突然気分が沈んでしまったり、急に悲しい気持ちに襲われたりする事はありませんか?

 

これらの眠気などの症状が頻繁に起きる場合も、更年期障害を疑った方が良いと言えるでしょう。

 

更年期障害の眠気などの症状が現れる原因

更年期に入り、めまいや眠気、大量の発汗などの症状が現れた場合、更年期障害の可能性があります。

 

なぜ、更年期に差し掛かると、このような眠気などの症状が現れるのでしょうか。

 

詳しく説明すると、女性は40代後半から50代前半にかけて、閉経を迎える時期に差し掛かります。

 

閉経を迎えるにあたり、女性の体は徐々に女性ホルモンの分泌を減少させます。

 

女性ホルモンが減少してしまうという事は、ホルモン分泌を司っている自律神経の働きが鈍ってしまう事になります。

 

この自律神経の働きが鈍る事で、さまざまな不快な症状が現れるのです。

 

眠気や発汗、うつなどの症状が現れるのも、自律神経の働きが鈍ってしまった為に、体の機能が低下してしまった事が原因とされているのです。

Sponsord Link