更年期障害の症状 耳鳴り

Sponsord Link


更年期前に起こる耳鳴りなどの更年期障害の症状について

更年期障害とは、主に更年期と呼ばれる中高年の女性に多く現れる症状です。

 

ここで言う更年期とは、40代後半から50代前半の前後10年の事を指しています。

 

閉経に向けて、女性ホルモンの分泌が減少してしまうのですが、ホルモンバランスが乱れる事によって自律神経の働きが低下してしまう事が更年期障害の主な原因となります。

 

ですが、更年期になる以前の若い年代でも、耳鳴りなどの更年期障害と似たような症状が現れる事があります。

 

30代半ばから後半にかけて発症する事が多く、このような耳鳴りなどの症状の事を「プレ更年期障害」と呼んでいます。

 

プレ更年期障害とは、その名の通り、本格的な更年期に差し掛かる前に現れる症状の事を言います。

 

プレ更年期障害の原因はさまざまですが、女性ホルモンはストレスに非常に弱い性質を持っています。

 

現代の女性にとって、30代は働き盛りであり、会社でもそれなりの地位に位置している女性も多いです。

 

その為、仕事や人間関係でのストレスも増大し、女性ホルモンの分泌に大きな悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

症状は更年期障害と同じですが、耳鳴りや動悸などに悩む女性が多いそうです。

 

なぜ耳鳴りなどのプレ更年期障害が現れるのか?

30代に入り、まだまだ働き盛りなのに、最近耳鳴りや動悸に悩まされている事はありませんか?

 

頭痛や肩こりなど、体の不調が続くようであれば、プレ更年期障害の可能性があります。

 

更年期障害は、40代から50代の中高年の女性に多い症状のように思われがちですが、40代目前の30代半ば〜30代後半の女性にも、一足早く現れる場合があります。

 

なぜ、更年期前の年代にも、耳鳴りなどの更年期障害の症状が現れるのでしょうか。

 

理由としては、昔の女性は結婚年齢と出産年齢が低い為、その後に卵巣自体を休ませる事が出来たのですが、晩婚で高齢出産が多くなってきている現代では、卵巣が休まず機能している為、その分卵巣機能が衰えてしまう事が原因なのです。

 

他には核家族化により、女性は子供を産むと一人で育てなければならない環境になってしまいました。

 

孤独な育児によるストレスやプレッシャーなども、プレ更年期障害を引き起こす大きな要因の一つとして言えるでしょう。

 

プレ更年期障害を防ぐ為には、なるべくストレスを感じないような生活を送る事が必要だと言えます。

Sponsord Link