更年期障害の症状 しびれ

Sponsord Link


女性の更年期に多い症状「しびれ」について

女性は、40代から50代に差し掛かる時期を更年期と呼び、この時期に発症するさまざまな不快な症状の事を更年期障害と呼んでいます。

 

更年期に入ると、女性は閉経を迎える準備の為に女性ホルモンの分泌を減少させてしまう為、自律神経の働きに悪影響を及ぼしてしまう事が、しびれなどの更年期障害の原因となっています。

 

一般的に知られている症状としては、動悸や息切れ、めまいなどの症状が挙げられていますが、女性に特に多い症状として、手足のしびれやうつ病などの症状も併発する事もあります。

 

自律神経の働きは、精神的にも悪影響を及ぼします。

 

自律神経の働きが乱れる事により、常にイライラするようになり、気分の浮き沈みが激しく感情のコントロールが難しくなってしまいます。

 

また、手足の感覚異常に関しては、手足の感覚が鈍くなったように感じたり、皮膚に虫が這っているように感じたりと、感じ方は人それぞれですが、これらの手足の感覚異常の原因として、ホルモンバランスの崩れが挙げられています。

 

女性ホルモンは、肌や髪を健やかに保つ大切な役割を担っているのですが、ホルモンの分泌が減少する事によって、肌や髪の健康も次第に失われてしまいます。

 

その為、皮膚の正常な機能の低下により、感覚の鋭い手足などに真っ先にしびれなどの症状が現れてしまうのです。

 

更年期は長くても約10年で終わる為、次第にしびれなどの症状も改善していきますが、常に症状が強く出ていたり、その後も長く続くようであれば、また別の病気が原因という事も考えられます。

 

更年期障害以外の病気「しびれ」の原因とは?

手足のしびれが長く続いたり、常に痛みや違和感などが続くようであれば、もしかしたら別の病気が原因という事も考えられます。

 

手足のしびれは、頚椎や腰椎の異常の他、リウマチの初期症状として挙げられる事もあり神経が圧迫されて起こる症状でもあります。

 

全てのしびれの症状が更年期障害による症状ではなく、もしかしたら別の病気である可能性もある為、手足のしびれなどの症状が現れた場合は、なるべく早く病院を受診する事をお勧めします。

Sponsord Link