更年期障害の症状 寝汗

Sponsord Link


男性が悩む更年期障害の症状の寝汗

更年期障害の症状は、現れ方にも個人差がありますが、一般的に、動悸や息切れ、酷い寝汗などに悩まされる男性が多いようです。

 

なぜ更年期に差し掛かると、めまいや動悸、寝汗やうつなどといった症状が現れるようになるのでしょうか?

 

更年期障害は、ホルモンのバランスが崩れる事による自律神経に悪影響を及ぼす為に起こる症状とされています。

 

その為更年期障害は、自律神経失調症と良く似た症状を発症するのです。

 

自律神経は、人間の体の機能を司る神経である為、自律神経の働きが鈍ると、寝汗のように体のあちこちで不都合が起きてしまうのです。

 

自律神経の働きの中に、血管の血流コントロールを管理する働きがあり、自律神経の働きが鈍ると血流コントロールの働きも鈍る事になります。

 

血流のコントロールが鈍るという事は、急に血流が良くなったり、血流が悪くなったりという現象が起きる訳です。

 

人間の体は、周囲の温度変化に対応出来る様に造られていますが、その機能が鈍る事で就寝時に体温調節が上手く出来なくて酷い寝汗として症状が出る場合があるのです。

 

動悸も同じく、血流コントロールの働きが鈍った為に起きる症状の一つです。

 

ちなみに、自律神経は精神を安定させる為の働きを持っている為、自律神経の働きが鈍れば、当然気分のコントロールが出来無くなり、急にイライラしたり、憂鬱な気分になったりしてしまうのです。

 

更年期障害の症状「寝汗」の対処法

さて、更年期障害の症状についてを説明してきましたが、急に寝汗などの症状が現れた時の対処法などについてをお話していきたいと思います。

 

まず、動悸や息切れなどの症状が現れた場合、近くに休む場所があれば、まずは安静にする様にしましょう。

 

しばらく休む事で発作も収まり、血流の流れも正常に戻ります。

 

寝汗などが酷い場合は、汗とりパッドなどを布団に敷いておくと良いでしょう。

 

神経の高ぶりが寝汗に繋がるので、寝る直前にテレビを見たり、お酒を飲んだり、脳や体に刺激を与える事はなるべく避けましょう。

 

神経の高ぶりを鎮めるには、読書やアロマオイルなどがお勧めです。

 

急にイライラしたり、意味もなく落ち込んでしまう時は、他に没頭出来る趣味などを見つけると寝汗などの症状が次第に改善されていきます。

 

スポーツをする事も、自然とストレス発散になるのでとてもお勧めですね。

Sponsord Link