更年期障害の症状 うつ

Sponsord Link


更年期障害の症状〜うつ病の危険性について〜

40代から50代に差し掛かる時期を、更年期と呼んでいます。

 

更年期は、加齢やストレスなどにより、男性・女性共にホルモンバランスが崩れやすくなる為、この時期に現れるさまざまな不快な症状の事を更年期障害と呼んでいます。

 

更年期障害の主な症状として、急に体が火照ったり動悸や息切れが酷くなるホットフラッシュという症状や、めまい、頭痛、肩こりなどさまざまな症状が挙げられています。

 

しかし、身体的に現れる症状の他に精神的に現れる症状もあります。

 

不眠や食欲不振、気分の浮き沈みが激しくなるといった、感情のコントロールが難しくなってしまう事が頻繁に起きるようになります。

 

不眠や食欲不振などの精神的な症状を繰り返していくと、最終的にはうつ病を発症する大きな原因にもなってしまいます。

 

実際に更年期に入り、更年期障害が現れた男性・女性共に、症状を我慢したり放っておいたりすると、うつ病を患う確率がとても高くなってしまう事が分かっています。

 

更年期障害だからと言って、症状を我慢する事は他の病気を併発する危険性もあるのです。

 

なぜ更年期障害でうつ病を発症するのか?

更年期障害は、男性・女性共に、ホルモンバランスの崩れが原因で、自律神経の働きが乱れる事により起きる症状の事を指します。

 

自律神経とは、人間の体の機能を司る神経であり、自律神経が正常に働く事によって精神が安定し健康に日常生活を送る事が出来るのです。

 

逆に、自律神経の働きが鈍ったりしてしまうと、身体機能も鈍り、精神的にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

女性に分泌されているホルモンは、女性は女性らしくある為だけではなく、骨を丈夫に保ち、悪玉コルステロールを抑制する働きがあります。

 

男性は、男性ホルモンの影響でエネルギッシュに、性欲的に日々を過ごす事が出来るのですが、両者共ホルモンが減少してしまうと精神も不安定になってしまいます。

 

常にイライラする様になり、突然悲しくなって気分が落ち込んでしまったり…。

 

そういう症状を繰り返していくと、どんどん自律神経の働きが狂ってしまい、結果的にうつ病へと発展してしまうのです。

Sponsord Link