更年期障害の症状 動悸

Sponsord Link


動悸や息切れは男性の更年期障害の症状?

40代、50代に差し掛かったあたりから、動悸や息切れ、突然の大量の発汗などに悩まされていませんか?

 

それは、もしかしたら更年期障害による症状かもしれません。

 

一般的に、女性に多く現れる更年期障害の症状ですが、男性でも、加齢やストレスなどにより男性ホルモンの分泌が減少すると、女性と同じ様に、更年期障害の症状を発症します。

 

女性ホルモンはストレスにとても弱い事が知られていますが、同様に男性ホルモンも、ストレスに非常に弱い性質を持っています。

 

暴飲暴食や会社での人付き合いなどによるストレスなどで、少しづつ男性ホルモンの分泌が減少してしまう為、自律神経の働きにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

女性よりも症状の進行は非常に緩やかではありますが、動悸など更年期障害の症状が現れると、EDやうつ病の大きな原因になる事も知られているのです。

 

男性の場合、症状が非常に軽い為か、更年期障害だと気がつかずに、動悸や息切れなどの症状を放ってしまう事が多いのですが、放っておくとどんどん悪化してしまいます。

 

その為、動悸などの症状が現れ始めたら、なるべく早くに病院を受診する事をお勧めします。

 

動悸などの更年期障害の詳しい症状

更年期障害の症状の動悸や息切れの現れ方には個人差もありますが、一般的に知られているのが「ホットフラッシュ」という症状です。

 

動悸や息切れ、のぼせや体の火照りなどの症状をひとまとめにした呼び方をホットフラッシュと呼んでおり、運動もしていないのに突然体が熱くなったり、大量の汗が出たり…という症状が見られます。

 

他には、急に気分が落ち込んだり、夜寝付けない事が多くなったり、食欲が無くなったりする事も症状の一環として知られています。

 

男性特有の症状としては、それまであった性欲が急に激減するようであれば、真っ先に更年期障害を疑った方が良いでしょう。

 

40代から50代に差し掛かり、動悸や息切れ、体の疲れが取れなくなったり、急に疲れやすくなったと感じ始めたら更年期障害のサインかもしれません。

Sponsord Link