更年期障害の症状

Sponsord Link


更年期障害は女性だけの症状ではありません

更年期障害と言うと、女性特有の症状だと思っている方が多いですが、男性でも更年期障害の症状が出る事があります。

 

なぜ更年期障害の症状が出るのかと言うと、女性は中高年になると、閉経を迎えるように体が作られています。

 

その際に、女性ホルモンの分泌が激減してしまう為、ホルモン分泌などを司る自律神経の働きが乱れてしまい、動悸や息切れなどといった不快な症状が出て来るのです。

 

すぐに閉経へと向かう訳ではなく、40代に差し掛かるあたりから、徐々に女性ホルモンの分泌を減少させ、40代後半〜50代前半で完全に閉経へと向かいます。

 

閉経までの前後10年を更年期と呼び、この時期に現れる辛い症状の事を、更年期障害と呼んでいるのです。

 

一見、男性は無関係の様に見えますが、ストレスや加齢などによって男性ホルモンの分泌が減ってしまうと、男性でも更年期障害の症状が現れます。

 

男性ホルモンが減少する事により、自律神経の働きが乱れる為です。

 

男性に更年期障害の症状が現れると、女性と少し違った症状が出始めます。

 

めまいや動悸、息切れなどの症状の他に、EDの原因にもなるのです。

 

更年期障害は中高年の女性だけの症状では無く、男性でも発症するという事を、覚えておきましょう。

 

更年期障害の症状が現れる年代と理由

女性の更年期障害の症状は、40代から50代にかけて現れる事が多いという話をしました。

 

その理由として、閉経に伴う女性ホルモンの減少が大きな原因とされています。

 

一方、男性はと言うと、40代から50代にかけての中高年に多く見られますが、30代の若い世代の男性や60代の高齢世代にも更年期障害の症状が見られる場合もあります。

 

男性ホルモンは、実はストレスや過労などで分泌量が減ってしまうデリケートな性質を持っています。

 

その為、働き盛りの30代でも更年期障害による症状に悩まされる事も多いのです。

 

高齢者にも更年期障害の症状が見られる理由としては、男性の更年期障害の発症期間が関係していると言えます。

 

女性の更年期障害の発症期間は、約10年と言われていますが、男性は8年〜15年と、女性よりも発症期間が長めです。

 

女性よりも、症状の進行はゆるやかではありますが、EDやうつ病などを併発させない為にも、早期治療が必要と言えるでしょう。

Sponsord Link