更年期障害の予防

Sponsord Link


更年期障害を予防することで症状を軽減させる!

女性は、40代後半から50代前半の年齢に差し掛かると、閉経を迎える仕組みになっています。

 

閉経は全ての女性に起きますが、その際に引き起こされる更年期障害が全ての女性に起きるとは限りません。

 

更年期障害を予防することで、特に不快な症状を感じる事も無く、エネルギッシュに更年期を過ごしている女性も沢山居ます。

 

その為、更年期障害を患うかどうかは、個人の体質や生活習慣にあると言っても過言では無いでしょう。

 

日常生活で、ほんの少し予防に気にかけるだけでも、その後の更年期障害を少しでも軽くする事が出来るのです。

 

今回は、更年期障害の予防方法についてを、お話していきたいと思います。

 

更年期障害の予防方法とは

更年期障害の予防方法として、一番は食事療法が挙げられています。

 

更年期障害の症状は、めまいや動悸などの症状だけでは無く、婦人系の疾患や肥満、高血圧なども、更年期障害の症状として挙げられます。

 

更年期に入り、急に太りだしたり、血圧が急上昇しだしたりする事は、更年期障害のサインと思っても良いでしょう。

 

理由は、女性ホルモンには悪玉コルステロールや血流をコントロールする効果があり、ホルモンバランスが崩れる事により、その制御も鈍ってしまうからなのです。

 

失った女性ホルモンの働きに代わるものとして、日々の食事で摂取する栄養素が大切となってきます。

 

女性ホルモンと似た性質を持つ大豆製品の摂取や、血行を促すアーモンド類、貧血を改善するレバーやほうれん草など、色々な栄養素をバランス良く摂取する事が必要です。

 

まずは薄味を心がけ、野菜やタンパク質をバランス良く食べる様に心がけましょう。

 

また、普段からストレスを溜めていたり、我慢する癖がある人は、更年期障害を患うリスクも高まるそうです。

 

少し疲れたな、なんだか気分が乗らないな、という時は、無理をせずに休む事も必要です。

 

ウォーキングなど、無理の無い範囲で運動をし、ストレス発散をする事も、更年期障害の予防に繋がります。

 

そして、最も大切なのが「睡眠」です。

 

質の良い睡眠を取れていない場合の慢性的な不眠症に陥ってしまうと、更年期障害のリスクも高まるそうです。

 

夜に寝付けない様であれば、アロマを炊いたり、ヨガを行なう事がお勧めです。

 

それでもどうしても寝付けない場合は、漢方薬などで改善していくと良いでしょう。

 

良い睡眠を取っている人は、睡眠時間が短くても、とても元気で病気とは無縁の生活を送っている人が多いです。

 

食事や運動も大切ですが、更年期障害の一番の予防策は、良質な睡眠がキーポイントとなるのでは無いでしょうか。

Sponsord Link