更年期障害の食事

Sponsord Link


更年期障害の食事について

更年期に入ると、めまいやほてりなどの、様々な不快な症状が現れます。

 

いずれは完治する症状ではありますが、自律神経の乱れが原因で起こる症状を放っておく事は、他の病気のリスクを高めてしまう事に繋がります。

 

早期治療が進められている更年期障害ですが、薬物治療だけではなく、正しい食生活を送る事も、治療の一環として行われています。

 

例えば、女性ホルモンは、髪や肌、体型などを女性らしく保つだけではなく、骨を丈夫に保ち、血流や悪玉コルステロールをコントロールする事で、血圧上昇や肥満などを防ぐ役割を持っています。

 

女性が女性らしく、健康で過ごす為には、女性ホルモンは無くてはならないのですが、閉経を迎える時期に入ると、どうしてもホルモンの分泌が減少してしまいます。

 

その為、更年期は自律神経の乱れによる症状の他に、高血圧や血管系の疾患、肥満などの病気のリスクも高まってしまうのです。

 

食事の質や量は変わらず、むしろ減ったのに、肥満や高血圧が見られる様になったのであれば、それは更年期障害によるもの。

 

通常の治療だけではなく、日々の食事を気を付ける事で、これらの病気のリスクを回避する事が出来るのです。

 

更年期障害の食事に良い食べ物とは?

更年期障害の食事に良い食べ物として、納豆や豆腐などの大豆製品が挙げられます。

 

大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと良く似た働きがある為、積極的に摂取した方が良いと言われて居ます。

 

また、血流不良による冷えなどが強い人には、大根や人参、ごぼう等の体を温める根菜類を積極的に食べると良いでしょう。

 

更年期に入ると、めまいなどの貧血症状も頻繁に起こる事から、レバーやごま、アーモンドなどの亜鉛を含む食べ物も、積極的に摂取していきたいですね。

 

自律神経の働きを正常に戻す食べ物として、豚肉やあさり、牡蠣、玄米などが挙げられています。

 

女性ホルモン減少による骨粗鬆症を防ぐ為には、ヨーグルトや牛乳、小魚などのカルシウムを食べる習慣もぜひ付けて欲しい所です。

 

ただし、高血圧症や肥満をすでに患っている場合、牡蠣やレバーなどの食品を摂取する事は避けた方が良いとされていますので、自分の症状に合わせて、食生活を改善する様にしましょう。

Sponsord Link