更年期障害外来

Sponsord Link


更年期障害で悩む前に、まずは受診を!

更年期障害は、女性ホルモンや男性ホルモンのバランスが崩れる事により、引き起こされる症状の事を指します。

 

女性では閉経から始まり、めまいや動機、手の震え、異常な発汗などが主症状として見受けられます。

 

男性が更年期障害を患った場合は、うつ症状やEDなどの症状を発症する事が多いそうです。

 

この様な症状は、ずっと続く訳では無く、ある程度の期間が経つと、次第に収まって来るのが特徴です。

 

しかし、いずれ収まるからと放っておくと、辛い症状に悩まされるだけでなく、骨粗鬆症や生活習慣病の悪化、男性に至っては前立腺がんの原因にもなってしまうので、少しでも辛いな、と感じたら、早めの治療が必要となります。

 

一般的に内科や婦人科、男性の場合は泌尿器科などを受信する事が多いと思いますが、最近では主要部を中心に、更年期障害専門の外来が誕生し始めました。

 

では、更年期障害専門の外来について、詳しく説明していきたいと思います。

 

更年期障害外来とは?

更年期障害外来とは、その名の通り、更年期障害にまつわる症状を専門に扱う外来の事です。

 

一般的に、更年期障害の治療は、女性であれば婦人科、男性であれば泌尿器科を受診するのが一般的です。

 

しかし最近では、更年期将来外来という、更年期の症状を専門に扱う外来の設立を行う病院も増えて来ました。

 

なぜ、この様な専門外来が設立されたかと言うと、内科や泌尿器科、婦人科などを受診した場合、検査結果によっては「異常なし」と判断される場合もあります。

 

その為、更年期障害の疑いがある場合は、専門の知識を持つ専門外来を受診した方が良いのです。

 

治療法は、一般的な更年期障害の治療法と同じく、ホルモン補充療法と、その他の不快症状に合わせた、漢方薬治療を行っていきます。

 

この更年期障害専門外来は、東京都や大阪、横浜などの主要部の病院に設立されており、東京では4つ、大阪では1つ、横浜では4つの更年期障害外来のある病院が設立されています。

Sponsord Link