更年期障害の漢方薬

Sponsord Link


更年期障害の治療に処方される漢方薬の効果とは

更年期障害といっても、全ての人が同じ症状を発症する訳ではありません。

 

症状の出方や強さには個人差があり、その人の症状や体質によって、処方する漢方薬の種類も違ってきます。

 

また、更年期障害の漢方薬は、症状の改善や緩和にとても効果がありますが、直接ホルモンを補充する方法よりも、即効性はありません。

 

ホルモン補充療法よりも大きな即効性や効果は望めませんが、体本来の働きを呼び起こし、徐々に元の状態に戻していくのが漢方薬の仕事です。

 

その為、更年期障害の漢方薬は、副作用や使用に制限のあるホルモン補充療法に抵抗のある方や、乳がんなどによりホルモン剤の投与を断念した方に、多く服用されています。

 

また、漢方薬は症状に合わせて、様々な生薬を組み合わせて作られています。

 

その為、西洋薬では沢山の種類の薬を飲まなければいけない所を、漢方薬でしたら1種類で済む事も多い為、漢方薬治療を選ぶ人も増えているのです。

 

更年期障害で処方される漢方薬の種類

漢方薬といえばツムラの漢方薬を真っ先に思い浮かべますが、漢方薬の種類は1つだけではありません。

 

症状によって、服用する漢方薬の種類も変わって来るのです。

 

その中でも、特に処方されているツムラの漢方薬についてを、説明していきます。

 

  • 当帰芍薬散料…冷え症や貧血、疲れやすい、頭痛、肩こりやめまいなどの症状がある時
  • 加味逍遥散…虚弱体質、肩こりや便秘、疲れやすい時
  • 桂枝茯苓丸料…基本的に体調には問題無いが、足の冷えやのぼせがきになる時
  • 温清飲…神経症やのぼせ、血色不良などの症状が強い時
  • 半夏厚朴湯…気分の浮き沈みが激しいなどの不安神経症がある時

 

更年期障害の漢方薬として、これらの薬が一般的に処方・服用されています。

 

副作用が少なく、症状が多くても、服用する薬の種類が少なく済むのが漢方薬の利点ではありますが、効果が出るのに数ヶ月かかる事があります。

 

また、個人によって合う・合わないなどもありますので、医師と相談の上、色んな種類の漢方薬を試し、自分に合った治療法を見つける様にしましょう。

Sponsord Link