更年期障害の検査

Sponsord Link


更年期障害かも?と思ったら、検査を受けましょう

女性は40代後半から50代前半にかけて、急激に女性ホルモンが減少する事で閉経を迎えます。

 

その前後10年を更年期と呼び、女性ホルモンの減少が原因で引き起こされる不快な症状の事を、更年期障害と呼んでいます。

 

女性特有の症状と思われがちですが、中高年の男性にも、更年期障害はあります。

 

過労やストレス、加齢などが原因で男性ホルモンが減少する事によって、めまいやほてり、頭痛、うつ病やEDなどの症状が引き起こされる事を、男性更年期障害と呼んでいるのです。

 

ちなみに、女性、男性共に、20代、30代の若年層でも、ホルモンのバランスが崩れると、更年期障害と同じ症状を発症します。

 

若い世代で更年期障害を患う事を、若年性更年期障害と呼んでいます。

 

もし、最近体調が優れなかったり、急に気分が落ち込んだり、めまいやほてり、動悸や息切れなどの症状が頻繁に起こる様になったら、更年期障害のサインかもしれません。

 

ただし、自己判断はとても危険です。

 

更年期障害の症状と良く似た病気も存在する為、もしかしたら、別の病気が隠れている場合もあります。

 

もし、更年期障害かも?と思い始めたら、まずは検査を受ける事をお勧めします。

 

更年期障害の検査内容と費用について

更年期障害の検査方法は、血中のホルモン量を計測する検査を行います。

 

血中のホルモン量が少ない場合、更年期障害と診断され、そこから治療が始まるのです。

 

血液検査の他に、子宮がんの検査も一緒に行います。

 

子宮がんの症状と、更年期障害の症状が酷似している為、両方の検査を行う病院がほとんどですね。

 

費用は、初診で大体2〜3千円の所が多いですが、薬を処方されたり、ホルモン剤を投与された場合などを考慮し、多めに持っていく事をお勧めします。

 

一方、男性も同じく血液検査と前立腺がんの検査で更年期障害かどうかを検査しますが、病院によっては、保険診療になる所と、自費扱いの所に分かれます。

 

保険診療で受診出来れば、数千円で収まりますが、自費治療の場合は、初診・検査料も含めて2〜3万はかかってしまいますので、事前に確認する事をお勧めします。

 

また、更年期障害の治療を行うにあたり、注射によるホルモン補充療法は保険適応となりますが、ED治療やその他のサプリメントなどの、注射以外の代替治療は、保険適応外となっていますので、注意して下さい。

 

男性は、治療を行う際、保険外と保険内の治療についてを事前に聞いておくと良いでしょう。

Sponsord Link