更年期障害の薬

Sponsord Link


更年期障害の薬として改善に効果のある「命の母」

更年期を迎えると、様々な不快な症状が出てくる事があります。

 

めまいや動悸・息切れ、体のほてり、イライラ、頭痛などの症状が頻繁に起こる事を、更年期障害と呼んでいます。

 

更年期障害は、ホルモンのバランスが崩れる事により起こる症状で、自律神経の働きが鈍る事により起こるとされています。

 

女性なら約10年、男性なら8年〜15年で症状は完治しますが、自律神経の乱れを放っておく事は、その間の日常生活にも支障が出てしまうだけではなく、他の病気のリスクも高めてしまいます。

 

女性であれば婦人科系の疾患のリスクや、男性であればEDや血管系の病気、高血圧症を発病してしまうリスクが通常よりも高まってしまうのです。

 

その為、更年期障害は放っておかず、早期の治療が必要だと言われているのです。

 

治療法にはホルモン補充療法と、漢方薬やサプリメントなどの投薬方法があります。

 

症状が深刻な場合は、即効性のあるホルモン補充療法を行い、症状が軽い場合や、更年期障害の予防の場合などには、漢方薬やサプリメントを服用します。

 

サプリメントや漢方薬は、市販で販売されているもので構いません。

 

その中で、命の母というサプリメントがありますが、更年期障害の症状の改善にとても効果があるとされています。

 

実際、私も若年性更年期障害に悩んでいた時、命の母を試してみた所、たった1週間で症状の改善が見られました。

 

効果には個人差もありますが、軽度の更年期障害にはとても効果があると思います。

 

命の母は、男性にも効果があるのか?

初期の更年期障害や、更年期障害の予防にとても効果のある、命の母。

 

私も試しに1週間服用してみましたが、それまで悩んでいたほてりやめまい、のぼせなどの症状がとても軽くなりました。

 

症状が強い場合などは、病院を受診する事をお勧めしますが、私みたいに若年性更年期障害や症状が軽い場合などは、一度試してみるのも良いと思います。

 

この命の母ですが、女性の更年期障害には効果がありますが、男性には効果がありません。

 

命の母は、女性ホルモンに作用するように作られています。

 

女性と男性とではホルモンに違いがある為、女性に効果があっても男性には効果が薄いという事が多いのです。


Sponsord Link