更年期障害の治療

Sponsord Link


男性更年期障害の治療

女性が更年期障害を発症した場合、ホルモン補充法と漢方薬やサプリメントなどの投薬治療が行われます。

 

また、症状が軽い場合や、ホルモン補充法でも改善しきれない症状が見られる場合には、症状に合わせて調合された漢方薬を服用するのが一般的です。

 

では、男性の更年期障害の治療法には、どんな方法があるのでしょうか。

 

更年期障害の治療は、女性とさほど変わらず、ホルモン補充法と漢方薬などの投薬法が一般的に行われています。

 

ですが、女性と違う点は、男性のホルモン補充法には、注射薬しか無いという事です。

 

ホルモン補充療法は、即効性も高く手軽に行える治療法ですが、誰でも行えるとは限らないという事を覚えておきましょう。

 

また、ホルモン補充法を行えない場合、サプリメントや漢方薬の使用が主となります。

 

こちらは、副作用も少なく、体本来の機能を呼び覚ます効果がありますので、更年期障害の治療に関してはとても効果のある治療法です。

 

症状が軽い場合や予防、ホルモン補充法でも取りきれない症状がある場合などに服用します。

 

基本的な治療法は以上となりますが、症状によって(不眠や食欲不振など)は、睡眠導入剤や胃薬などを処方される場合もあります。

 

その際は、現在行なっている治療を医師に必ず伝えるようにして下さい。

 

男性更年期障害の治療を行う際の注意点

男性の更年期障害の治療を行う際の注意点などを説明していきます。

 

まず、男性更年期障害の治療には、ホルモン補充療法が一般的です。

 

注射薬で直接男性ホルモンを注入する事で、少なくなったホルモンを手軽に補充する事が出来ます。

 

即効性があり、辛い症状を抱えている場合は、割とすぐに改善する事もありますが、使用には副作用や注意点があります。

 

まず、前立腺がんの疑いがある人には、この方法では治療出来ません。

 

その為、治療を行う為に前立腺がんの検査を行う必要があります。

 

副作用として、肝臓に大きな負担をかけてしまう為、肝臓に大きな疾患がある場合も使用が出来ない事があります。

 

また、血液を製造する作用がある為、長期で使用を行うと血が濃くなり、脳血栓や心筋梗塞などのリスクが出てきます。

 

一時的に男性ホルモンを大量摂取すると、精巣の機能が低下する事があり、結果無精子症となる場合もあります。

 

その為、治療中は、定期的に肝機能検査や血液検査などを行う必要性があるのです。

Sponsord Link