更年期障害 何科

Sponsord Link


男性更年期障害だと感じたら…何科を受診?

最近、眠れなくてイライラする事はありませんか?

 

食欲が落ちた、疲れやすくなった、めまいや頭痛、肩こりが酷くなった…。

 

中高年の男性がこれらの症状を頻繁に感じる場合は、男性更年期障害の疑いを持った方が良いでしょう。

 

男性更年期障害とは、女性と同じく、ホルモンのバランスが崩れる事により、自律神経の働きが鈍る為に起こる症状の事です。

 

男性の場合は、男性ホルモンの減少が原因として挙げられています。

 

男性ホルモンは、エネルギッシュに行動したり、やる気や性欲を起こす為のホルモンで、減少すると、内向的になってしまったり、やる気が起きずに落ち込む事が多くなったり、EDの直接的な原因にもなってきます。

 

女性よりも、症状の始まり方や進行は緩やかですが、男性の場合は発症期間が8〜15年程と、女性よりも5年程長いので、症状が悪化する前に治療を行うのがベストと言われています。

 

更年期障害と言われると、症状を我慢してしまう人も多いのですが、症状が軽い内に治療を行う事で、悪化を防ぐ事が出来るのです。

 

まずは、「おかしいな?」と感じるようであれば、病院を受診する事をお勧めします。

 

でも女性は婦人科を受診すれば良いですが、男性は何科を受診すればいいのかわかりませんよね?

 

そんな「何科を受診?」と悩んでいる男性にご説明させて頂きますね。

 

男性更年期障害は何科へ行けばいいのか?

男性更年期障害は、症状によって受診する科が変わるものの、まずは内科へ行く事をお勧めします。

 

更年期障害を判断する為の検査は、血液中のホルモン量を測る検査になる為、内科が一番都合が良いのです。

 

そこで更年期障害と診断されるようであれば、今後の治療について、何科を受診すれば良いのかを、主治医と共に相談しましょう。

 

現在では、更年期障害専門外来も設立されていますので、お近くに専門外来がある場合は、そちらを受診した方が良いでしょう。

 

何はともあれ、まずは「何科を受診?」と悩んだらまずは内科ですね。

 

男性更年期障害の治療法とは?

男性更年期障害の治療法には、ホルモン補充療法と、漢方薬の投薬法が一般的です。

 

減少した男性ホルモンを、直接補う事で、以前と同じ様な身体機能に戻す事が出来ますが、使用には制限があります。

 

まず、前立腺がんの疑いがある人には、使用出来ない他、治療法は今の所、注射薬しか無いという事を覚えておいて下さい。

 

また、大きな副作用はありませんが、肝機能などに負担をかけてしまうので、治療を受けてる間は、肝機能の検査などを積極的に受ける必要性があります。

 

漢方薬は、症状が軽い場合や予防に対して使用されますが、副作用が少なく、万人に使用できる薬である為、注射薬に抵抗がある人は、漢方薬から始めてみると良いでしょう。

Sponsord Link