更年期障害 ホットフラッシュ

Sponsord Link


更年期障害のホットフラッシュとは?

ホットフラッシュとは、更年期障害で最もポピュラーな症状の一つです。

 

めまいや体のほてり、発熱や発汗などの症状を一まとめにしたものを、ホットフラッシュと呼んでいるのです。

 

突然前触れもなく、運動していないのに、体が急にのぼせたり、顔や首がカーッと暑くなってきたり、大量の汗が出てきたりします。

 

しばらく安静にしていれば、割とすぐに収まる症状なのですが、放っておくと、回復までにしばらく時間がかかってしまう為、早期治療が必要だと言えます。

 

更に、頭に血が上っている状態にある為、少しの刺激が出血に繋がり、鼻血として症状が現れる場合もあります。

 

これは、更年期障害で自律神経の働きが鈍った事による、血管系の機能低下が原因で起こる症状です。

 

自律神経は、血管を収縮したり拡張したりする働きを持っている為、ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れる事により、ホットフラッシュなどの症状を引き起こしてしまうのですね。

 

また、ホットフラッシュという症状は、気にすれば気にする程、頻繁に発症してしまう傾向にあります。

 

それは、「今ここで症状が出たらどうしよう」という緊張状態が、自律神経の興奮状態を高めてしまう為です。

 

気にしないで、発症したら安静にする事が一番なのですが、仕事中など休めない状況の場合などもあります。

 

ホットフラッシュの対策法としては、一番は病院を受診し、適切な治療を行う事が最適と言われているのです。

 

ホットフラッシュの対策法とは?

何の前触れもなく、突然体のほてりやのぼせ、発汗などの症状が出てしまう事を、ホットフラッシュと呼んでいます。

 

毎日同じ時間に症状が出る人も居れば、時間や場所関係なく症状が出る人も居るため、個人差のある症状と言えます。

 

ただし、発症すると、お風呂に入ってのぼせた状態になる為、体がカーッと熱くなってきたり、顔や首が紅潮して、汗が大量に出る、などと言った症状が現れます。

 

症状としてはあまり問題無い様に感じますが、いつ発症するのかが分からない事と、放っておくと回復まで時間がかかってしまう事から、早期の治療が望ましいとされています。

 

治療法としては、漢方薬などの投薬により、自律神経を高める事が効果的と言われています。

 

ホットフラッシュの対策法としては、症状が出た時に、抑えようとしても無駄ですので、収まるまで安静にしている事が必要です。

 

いずれにせよ、早期治療が症状改善に繋がる、という訳なのです。

Sponsord Link