更年期障害 不眠

Sponsord Link


最近不眠だなぁ…もしかしたら、更年期障害かも?

更年期障害は、女性だけの症状ではなく、条件が揃えば男性でも発症する事があります。

 

原因は、ストレスや加齢などにより、男性ホルモンの分泌が減る事によって、自律神経の働きが乱れる事にあります。

 

自律神経が乱れてしまうと、体のほてりやめまい、動悸や息切れといった症状が頻繁に現れる様になり、頭痛や発熱、鼻血といった症状をも引き起こします。

 

更に、自律神経の乱れは精神の安定にも悪影響を及ぼしてしまうので、ささいな事でイライラする様になったり、急に落ち込んでしまったり、気分のコントロールが出来無くなってしまうのです。

 

その他、不眠や食欲低下などといった症状も引き起こしてしまう為、次の日仕事があるのに寝付けなくなった、または寝てもすぐに目が覚める…といった症状に悩まされる人も多いそうです。

 

不眠になるという事は、人の体にとっては最大のダメージであり、最大のストレスとなり、更に更年期障害を進行させる事に繋がってしまいます。

 

その為、めまいやほてり、頭痛などの症状の他に、最近ぐっすり眠れなくなったと感じる様になったのなら、すぐにでも病院で検査を受ける事をお勧めします。

 

更年期障害の不眠には、漢方薬が効果的?

不眠は、仕事や日常生活の効率を下げるだけではなく、不眠の状態が続く事によって精神的にも悪影響を及ぼし、うつ病などのリスクを高めてしまいます。

 

眠れない事は、体にとっては最大のダメージである事から、更年期障害で不眠を感じる様になったのであれば、すぐに対策を取った方が良いと言えます。

 

夜中に何度も目が覚める、または寝付くのに時間がかかるという場合、まずは漢方薬での治療をお勧めします。

 

睡眠薬や、睡眠導入剤を始めに服用してしまう方も居ますが、睡眠薬などに一回慣れてしまうと、その薬無しでは寝られなくなってしまいます。

 

体が、薬に依存してしまうのですね。

 

睡眠薬や導入剤を断つ為には、かなりの精神的疲労が発生してしまうので、まずは副作用や依存性の少ない、漢方薬からの服用をお勧めしています。

 

漢方薬は、個人の症状に合わせて調整する事も多い為、なるべくなら専門医に見てもらってから、処方してもらうと良いでしょう。

 

効果が出るまでには時間がかかりますが、体の不調を自然に元に戻してくれるので、軽い更年期障害の症状改善には、とても効果のある薬と言えます。

Sponsord Link