更年期障害 鼻血

Sponsord Link


頻繁な鼻血も、更年期障害の症状だった?

更年期障害は、女性特有の病気だと思っていませんか?

 

男性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、男性でも更年期障害を引き起こす可能性があるのです。

 

女性でも男性でも、ホルモンバランスを崩す事により、自律神経に悪影響を及ぼしてしまう為、めまいや動悸などの不快な症状に繋がるのです。

 

症状には個人差もありますが、主に発症する症状としては、めまいや動悸、体のほてりなどです。

 

他には発熱や頭痛、イライラ感やうつ症状も見られる事もあり、放っておくと、日常生活にも支障が出てしまう程、悪化してしまう人も居る程です。

 

最近、これらの症状の他に、頻繁に鼻血が出るという事はありませんか?

 

実は、鼻血が頻繁に出るという事も、更年期障害の症状の一つとして挙げられているのです。

 

最近体の調子が悪く、めまいや動悸の他に、頻繁に鼻血が出る様になった、という男性は、その症状は、更年期障害の兆候かもしれません。

 

自律神経の乱れを放っておく事は、うつ病やEDなどの病気も引き起こします。

 

その為、めまいや動悸、ほてりや鼻血などの症状が出始めたら、なるべく早くに病院を受診する事を、お勧めします。

 

鼻血が頻繁に出ると、更年期障害と言われるのはなぜ?

更年期障害の症状には、個人差もありますが、めまいやほてりなどが一般的です。

 

その中に、鼻血が頻繁に出るという症状も、更年期障害の一つとして挙げられていますが、鼻血がなぜ更年期障害と繋がるのかを、説明します。

 

まず、更年期障害で一番ポピュラーな症状が、ホットフラッシュという症状です。

 

ホットフラッシュとは、自律神経の乱れによって体の保温機能が崩れてしまい、お風呂上がりなどに感じる様なほてりやのぼせ、発汗や発熱という症状を発症する事を指します。

 

特に暑くもないのに、いきなり体がほてりだしたり、汗が吹き出してくるのであれば、それは更年期障害特有の、ホットフラッシュという症状かもしれません。

 

この症状自体は、安静にしていればすぐに収まるものなのですが、頭に血がのぼり、のぼせてしまった事により、ほんの少しの刺激でも鼻血となって現れてきます。

 

特に男性は、出産を経験する女性と違い、出血に対してあまり忍耐がありませんので、ホットフラッシュの症状が出た場合などは、例え仕事中であっても、なるべく安静にする事を心がけましょう。

 

ちなみに、ホットフラッシュの症状がないにも関わらず鼻血が出たり、大量の鼻血が長く続く場合などは、白血病などの、他の病気の可能性もあります。

 

更年期障害の症状のひとつ、として自己完結せずに、例えその鼻血が更年期障害によるものだとしても、早めの診断、治療がその後の症状を改善する為の最善の方法となります。

Sponsord Link