男性更年期障害

Sponsord Link


男性にも更年期障害があった?

女性ホルモンが減少する事によって引き起こされる、様々な不調の事を、更年期障害と呼んできました。

 

更年期障害の主な原因が「女性ホルモンの減少」なので、男性には関係無い病気に思われがちですが、男性にも更年期障害を発症するケースがあったのです。

 

男性は女性ホルモンの分泌は無いはずなのに、なぜ更年期障害という病気を発症してしまう事があるのでしょうか?

 

男性の更年期障害の事を、男性更年期障害と呼んでいますが、この病気の原因は女性の更年期障害と同じく、ホルモンバランスの崩れが原因と言われています。

 

女性の場合は、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が更年期障害の大きな原因でしたが、男性の場合、精巣ホルモンのテストステロンの減少が原因だったのです。

 

テストステロンとは、男性ホルモンの事であり、精力や筋肉、毛髪増進などの役割を果たしています。

 

この男性ホルモンのお陰で、思春期を過ぎる頃に男性は男性らしい筋肉質な体へと変化していくのですが、この男性ホルモンも、女性ホルモンと同じくストレスに弱い性質があります。

 

ストレスなどで男性ホルモンの分泌が減少してしまうと、精力ややる気の低下(うつ症状の始まり)やEDの原因に繋がります。

 

この様な症状を発症してしまう事を、男性更年期障害と呼んでいるのです。

 

男性更年期障害の治療法とは

女性の更年期障害と同じ様に、男性も、男性ホルモンが減少する事で男性更年期障害を引き起こしてしまう事があります。

 

女性の場合、漢方薬やホルモン治療法が、一般的な更年期障害の治療法ですが、男性も同じく、副作用が少なく有効性の高い漢方薬や、ホルモン補充治療法が一般的です。

 

男性更年期障害を患ってしまうと、EDやうつ病などの症状を発症してしまう為、早期の治療が大切となってきます。

 

減少する男性ホルモンを補充しながら、その他の症状を、漢方薬で改善させる、という治療法が一般的ですね。

 

男性更年期障害も、適切な治療を行う事で、かなり改善されてきます。

 

男性更年期障害の専門医も居ますので、最近やる気がなくなったり、ダルい、辛いと思う様になったら、迷わず病院で診察する事をお勧めします。

Sponsord Link