更年期障害 いつから

Sponsord Link


めまいや動悸はいつから?その症状は更年期障害かも?

最近、めまいや動悸、息切れやほてりなどの症状を頻繁に感じる事はありませんか?

 

もしかしたら、その症状は更年期による更年期障害かもしれません。

 

一体いつから症状が出始めたら、更年期障害と疑えば良いのかを、詳しく説明していきましょう。

 

一般的に、40代後半から50代前半にかけて、女性は閉経を迎えますが、この前後10年の時期の事を、更年期と呼んでいます。

 

更年期に入ると、女性ホルモンの分泌が著しく減少し、ホルモン分泌を司る自律神経の働きが鈍ってしまう為、不快な症状が現れるのです。

 

自律神経の乱れをそのまま放っておくと、症状が悪化し、日所生活にまで支障をきたす事もある程です。

 

また、急激な女性ホルモンの減少に体がついて行けず、骨粗鬆症や心臓病、婦人疾患などの病気にもかかりやすくなる為、早期発見・治療が望ましいとされています。

 

早期治療や予防の為には、日頃のセルフチェックが大切になってきます。

 

体が辛いな、と思う症状が現れた時は、我慢せずに、専門科を受診する様に心がけましょう。

 

更年期障害のチェック法と予防法

更年期障害と判断する為には、普段から基礎体温を測っておくと良いでしょう。

 

女性は高温期と低温期を繰り返す事で、排卵と月経の時期を見極める事が出来るのですが、更年期に入ると、排卵が起きにくくなる為、高温期と低温期のバランスが崩れ始めます。

 

基礎体温のグラフが崩れ始め、めまいなどの症状が出始めたら、それは更年期のサインですので、早めの受診・治療を心がけましょう。

 

また、更年期障害の予防には、漢方薬が効果的です。

 

初期の更年期障害などには、ホルモン療法などの強い治療は望ましくありません。

 

症状が軽い場合や、この先の予防を考えるのであれば、徐々に減ってくる女性ホルモンの代用として、大豆イソフラボンやカルシウム、ビタミン類のサプリメントや、漢方薬を服用する事によって、更年期障害を予防する事が出来ます。

 

市販でも更年期障害を改善する為のサプリメントや漢方薬が販売されておりますので、気軽に試せる所も、漢方薬の良い点だと思います。

 

もちろん、婦人科や内科などでも処方して貰えますので、基礎体温の乱れを感じたら、まずは専門医に相談してみると良いでしょう。

Sponsord Link