更年期障害 血液検査

Sponsord Link


更年期障害の血液検査とは?

40代後半から50代前半に入り、めまいや動悸などが激しくなったら、更年期障害のサインかもしれません。

 

しかし、「更年期だから、この症状はきっと更年期障害だ」と自己判断で決め付けるのは、決して良くありません。

 

動悸や息切れなどの症状は、心臓病や高血圧症と同じ症状を発症します。

 

子宮ガンなども、更年期障害と間違われやすい病気の一つであります。

 

更年期に起こる症状が全て更年期障害という事ではなく、もしかしたら違う病気も隠れている可能性もあるのです。

 

その為、今患っている症状が更年期によるものか、別の病気によるものなのかを「血液検査」で、検査する事が出来ます。

 

血液検査で血液中のホルモンの数値を調べ、ホルモンの数値が少なければ更年期障害、一般的な数値であれば、別の病気を疑う事が出来ます。

 

他の病気に限らず、更年期障害も早期に発見する事で、不快な症状を最小限に抑える事が出来ます。

 

更年期に入り不快な症状が増えたのなら、血液検査の検査を行う事をお勧めします。

 

更年期障害の検査を受けるには?

更年期障害の検査を受けるには、女性であれば内科や婦人科、男性であれば内科を受診すれば、更年期障害の検査を受ける事が出来ます。

 

最近では、更年期障害外来の設立も増えてきたので、近くに専門科がある場合は、そちらを受診すると良いでしょう。

 

検査は血液検査となり、血中のホルモン数値を判定し、更年期障害かどうかを判断します。

 

そこでホルモン数値が低い様であれば、更年期障害と診断され、ホルモン補充療法などの治療が始まるのです。

 

治療にかかる費用ですが、男性更年期障害の場合、検査にかかる費用は自費で払わなければいけない病院もあります。

 

その後の治療に関しても、自費での治療になる事も多い為、保険で診療出来るかどうかを、予め病院に問い合わせてみると良いでしょう。

 

自費での検査・診療の初心の場合は2万円程度、その後再来に関しては4,5千円ほど思っておいて下さい。

 

検査の結果により、保険診療が適応される場合もありますので、検査時に詳しく聞いてみて下さい。

Sponsord Link