更年期障害 かゆみ

Sponsord Link


更年期障害と肌荒れのかゆみについて

更年期障害の症状の一つに、肌の乾燥によるかゆみなどの、顔の肌トラブルが含まれているのを、ご存知でしたか?

 

肌トラブルが更年期障害の一環だと知らない方も多いのですが、女性ホルモンの分泌が減少する事によって、肌細胞が老化してしまうのです。

 

ホルモンバランスが急激に崩れてしまう事により、肌機能も失われてしまい、乾燥によるかゆみやたるみに繋がるのです。

 

更年期と呼ばれる年代に差し掛かり、急に肌荒れが酷くなった、という場合は、更年期障害の症状の一環かもしれません。

 

肌の老化は年と共に進み、日焼けや紫外線などを長年吸収してきた肌は、そう簡単には戻りません。

 

肌のハリを保つコラーゲンが徐々に減ってしまう為、たるみやシワなどの老化減少は止められませんが、更年期障害などの病気が原因の肌トラブルは、治療を行う事で改善出来る場合も多いのです。

 

更年期障害による肌トラブルを改善するには?

更年期に差し掛かったたりから急に、顔の肌がかゆくなったり、カサカサ乾燥し始めて来たら、もしかしたら更年期障害の症状かもしれません。

 

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が減少する事で起きる症状の事です。

 

女性ホルモンには、肌や髪を健やかに保つ機能もある為、減少する事で髪がパサついたり、肌がカサついて老化してしまったりするのです。

 

特に、肌の保湿の為のコラーゲンやヒアルロン酸などは、女性ホルモンと深く関わってくる為、更年期にシワやたるみで悩むのは、女性ホルモンの減少が大きく関係しているのです。

 

一度失った肌機能を元に戻すことは容易ではありませんが、根本的な原因を改善する事により、症状を改善する事が出来ます。

 

急に肌が乾燥したり、かゆみを帯びる場合などは、単に肌が老化しているだけでは無い場合もあります。

 

どうしても気になる場合は、皮膚科や婦人科に相談する事で、専用の塗り薬や漢方薬を処方して貰えるので、市販の化粧品に頼って悪化してしまう前に、一度専門家を受診してみましょう。

Sponsord Link