更年期障害 寒気

Sponsord Link


更年期障害特有の症状とは?

更年期障害とは、40代後半から50代前半の年代の女性、いわゆる更年期の女性に多く見られる疾患です。

 

症状にはめまいや動悸、吐き気や寒気などが挙げられており、原因は女性ホルモンの分泌現象によるものだと言われています。

 

ただし、更年期に入る女性の全てが、更年期障害を患うかというと、そうではありません。

 

症状には個人差があり、強く現れる人も居れば、全く症状が無く、元気に更年期を過ごしている人も居ます。

 

一旦強く症状が現れてしまうと、次第に精神的にも悪影響を及ぼしていきます。

 

常に何かにイライラしたり、急に気分が落ち込んだり、物忘れが激しくなったり…と、日常生活が危ぶまれる程、強い症状を発症する人も居ます。

 

この様な症状を発症する根本的な原因は、女性ホルモンが減少する事により、ホルモン分泌を促す自律神経が混乱してしまう事が原因と言われて居ます。

 

更年期障害とは、自律神経失調症と良く似た症状を発症します。

 

その為、更年期に入り自律神経が乱れる事により、体温調整などが出来無くなり、体のほてりや急な寒気、動悸や息切れ、頭痛などの症状に悩まされてしまうのです。

 

更年期に起きる寒気について

更年期障害の特徴的な症状の一つに、寒気を伴う事がよくあります。

 

ついさっきまで体がほてって仕方がなかったのに、夕方になって急に体温が下がって寒気が止まらない…という方も、多いはずです。

 

更年期障害とは、ホルモンバランスの崩れにより、自律神経の機能が鈍ってしまう事が原因で起こります。

 

その為、体温調節などの機能も低下してしまい、急に体がカーッと暑くなったり、寒気を伴う程ブルブル震えたり、という症状が出るのです。

 

自律神経が機能しなくなると、血液循環も悪くなるので、更年期に近づくにつれて、冷え症で悩む女性が多くなるのです。

 

急な寒気や体のほてりを繰り返す様であれば、まずは「自律神経が崩れている=更年期障害かも?」と認識するようにしましょう。

 

寒気を繰り返す事は、体にとっても辛い事ですが、これといった治療法がある訳ではありません。

 

根本的な症状改善には、ホルモンバランスを正し、自律神経の機能を取り戻す事によって、寒気などの不快な症状は無くなります。

Sponsord Link