更年期障害 期間

Sponsord Link


更年期特有の症状「ホットフラッシュ」が続く期間はどれぐらい?

更年期に入ると、めまいやほてり、寒気などの症状に悩まされる事があります。

 

この症状は、ホルモンバランスが崩れて自律神経の機能が鈍る事で起こる症状であり、一般的には「更年期障害」と呼ばれています。

 

症状の現れ方には個人差もありますが、更年期障害で悩む女性・男性共に、高い確率で「ホットフラッシュ」という症状に悩まされている事が分かりました。

 

ホットフラッシュとは、特に激しい運動をしている訳でもないのに、急に体の体温が上昇したり、首や顔がカーッと熱くなったりする事を言います。

 

お風呂に入って、のぼせてしまう感覚と似ていると思って下されば、どんな症状かは想像つくと思います。

 

他には、異常な発汗や、胸の動悸・息切れなどもホットフラッシュとして認識されています。

 

昼夜問わず、発作的に症状が発症してしまうので、夜に寝付けなくなったり、落ち着かず仕事に集中出来なかったりという弊害が起きてしまいます。

 

更年期障害は、男性であれば8〜15年、女性であれば10年で症状がほぼ完治します。

 

ホットフラッシュは、男性・女性ホルモンのバランスが乱れる事により起こる、自律神経の乱れが原因ですが、ホルモンバランスを整える治療を行えば、これらの不快な症状は改善されます。

 

10年という長い期間、自律神経の乱れを放っておくのは、様々な不調や病気に繋がりますので、更年期に入り、体の不調を感じる様になったのであれば、ぜひ病院で検査を受ける事をお勧めします。

 

ホットフラッシュが続く様なら、まずは検査を!

更年期障害特有の症状の一つに、ホットフラッシュが挙げられます。

 

急な体温上昇により、顔や首などがカーッと熱くなったり、動悸や息切れなどの症状が挙げられます。

 

ホットフラッシュの原因は、ホルモンバランスが崩れる事により、自律神経が乱れ、運動神経に悪影響を及ぼす事で、血管の血流コントロールができなくなる為、と言われています。

 

ストレスによる緊張状態からも引き起こされる為、普段からリラックスして過ごす必要がありますが、それでもホットフラッシュが改善しないのであれば、高血圧や心臓病の疑いも出てきますので、まずは検査を受ける様にしましょう。

Sponsord Link