更年期障害 出血

Sponsord Link


更年期障害の治療にはホルモン治療が一般的

更年期に入り、めまいや吐き気、動悸や息切れなどといった症状が強く見られる場合などには、ホルモン補充療法を行う事がほとんどです。

 

減少する女性ホルモンを補充していく治療法となる為、即効性もある所が、ホルモン補充治療法の利点でもあります。

 

ホルモン補充方法は、治療を行う人の体質などにより、錠剤や塗り薬、貼り薬で行われます。

 

即効性もあり、更年期障害の症状の改善にとても役立つホルモン補充療法ですが、半面、出血が起こるなどの副作用が出る場合もあります。

 

また、ホルモン療法を行うにあたり、注意しなければいけない点などを、詳しく説明していきましょう。

 

ホルモン補充療法で起こる副作用や注意点

更年期障害の検査を受け、ホルモン補充療法を行う事に決まった場合に、心配される副作用や注意点などについてを説明します。

 

更年期障害の症状のみを改善する事が目的であれば、エストロゲンのみの投与で充分なのですが、子宮が残っている状況でエストロゲンだけを補充し続けてしまうと、子宮体がんなどのリスクが高まってしまいます。

 

その為、子宮がある人には、エストロゲンの他にプロゲステロンというホルモン剤を一緒に投与していきます。

 

このホルモン剤を周期的・または連続して使用する事により、ホルモンバランスを整え、更年期障害の症状を改善していくという仕組みになります。

 

その際、服用方法によっては、生理の様な出血が続くという副作用が発生します。

 

これは、一緒に服用しているプロゲステロンというホルモンが作用する事により起こる出血で、出血を望まない場合の服用方法もありますので、医師と相談の上、服用法を決定する様にしましょう。

 

その他、女性ホルモンが増える事による胃のムカつきや下腹部の張り、乳房の張りなどが副作用として挙げられます。

 

治療を継続していく内に改善する事が多いのですが、症状が絶えず続く様であれば、医師と相談しましょう。

 

また、子宮筋腫がある方がホルモン補充療法を行うと、筋腫が大きくなったり、痛みや不正出血を伴う場合もあります。

 

ホルモン療法を行うと、場合によっては出血がありますが、明らかに出血が止まらない、続くという症状が出た場合は、必ず受診する様にしましょう。

 

こうした症状が現れた場合は、治療を中断するか、弱い薬に替えたりして治療を続ける場合もあります。

 

また、ホルモン療法を行う最大の注意点としては、肝臓が弱い人・障害を持っている人に、飲み薬を処方する事は出来ません。

 

その場合は、貼り薬による治療が行われます。

 

この治療法は、ほとんどの治療と並行して行なっても良いのですが、乳がんや血栓症などの治療を行なっている場合は、並行して治療を行えませんので、ご注意下さい。

Sponsord Link