更年期障害 ピル

Sponsord Link


ピルは更年期障害改善に効果があるのか?

ピルと言うと、避妊目的の使用や、生理を順調に正す目的で使用される事がほとんどですが、更年期障害の予防にも、ピルが効果的であると言われています。

 

そもそもピルとは、女性ホルモンが含まれているお薬の事で、乱れた月経周期を元に戻したり、崩れたホルモンバランスを正常に戻してくれる効果があります。

 

ピルを飲む事により、体が妊娠している状態を引き起こされる為、避妊に効果があるとされているのです。

 

他には女性ホルモンを体外から摂取する事で排卵を止め、排卵時に卵巣が傷つく事から防いでくれるので、子宮機能の低下を緩やかにしてくれる効果もあります。

 

その為、使用している人の多くは、避妊やホルモンバランスの安定を測る為に服用しているのですが、更年期障害の予防の為に、ピルを服用している人もいらっしゃいます。

 

女性ホルモンを摂取する事で、減少する女性ホルモンを補う事に繋がり、更年期障害の症状を改善させる効果があるのです。

 

ピルを服用する際の副作用や注意点

ホルモンバランスを元に戻し、女性特有の症状を改善する為に服用されているピルですが、服用に関して、デメリットも存在します。

 

ピルを飲む事により、体のホルモンバランスを妊娠時に近づけ、意識的に排卵を止める為、体は妊娠状態という事になります。

 

妊娠時に見られる吐き気や体の倦怠感、乳房のハリなどの症状が副作用として挙げられますが、飲み続けているうちに、副作用は徐々に改善していきます。

 

また、35歳以上でタバコを一日15本以上吸う人や、乳がんや子宮体がんなどの疑いがある方、血管系の疾患を持っている方などは、ピルを服用する事は出来ません。

 

更年期障害の症状には、月経不良やホルモンバランスの崩れによる症状が多いので、軽い症状の改善や予防であれば、女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを整えてくれるピルは、とても効果的なお薬といえます。

 

ですが、副作用や使用の注意点などもある事を、しっかりと踏まえた上で服用する事をお勧めします。

Sponsord Link