若年性更年期障害

Sponsord Link


若くても更年期障害を発症するの?

更年期障害とは、女性ホルモンが減少する=閉経するという事の繋がる為、4〜50歳代の中年女性に多い病気だと知られてきました。

 

ですが、最近では2〜30歳代の若い女性の間でも、更年期障害に非常に良く似た症状を発症する若者が増えてきています。

 

その原因は、女性ホルモンの性質にありました。

 

妊娠・出産の役目を終えると、女性はホルモン分泌量を減らし、閉経へと辿りつきますが、この女性ホルモンは、実はストレスにとても弱い性質を持っています。

 

その為、少しでもストレスを感じてしまうと、分泌を止めてしまうので、生理不順へと繋がるのです。

 

現在、女性の社会進出も目立ち、男性に負けない位、仕事をこなす様になった結果、責任のある仕事や、男性と同じ立場で仕事をこなすなど、従来では考えられなかったストレスがのしかかって来る様になってしまいました。

 

このストレスは、やがて女性ホルモンの分泌を止めてしまいます。

 

その為、若年性更年期障害という、若い世代で起こる更年期障害が、非常に多くなってしまったのです。

 

更年期障害特有の症状を感じたら…

20代、30代の若い世代でも、若年性更年期障害という、更年期障害と非常に良く似た症状を発症するケースが増えてきました。

 

その背景には、女性の社会進出により、思わぬ所で背負ったストレスが原因だと言われています。

 

最近、月経の量が極端に多かったり少なかったりしませんか?

 

月経の周期がバラバラで、月経が止まってしまうという事はありませんか?

 

若い世代で、月経に関する不調が起きるという事は、体が何らかのストレスをかかえている、という事です。

 

若年性更年期障害の原因は、主にストレスと言われていますが、無理なダイエットで体に負担をかけたり、食生活や生活習慣の乱れも、大きなストレスの原因となります。

 

特有の症状としては、生理不順や不調を筆頭に、イライラや不安などのうつ症状の他、動機や息切れ、頭痛やめまいなどが挙げられます。

 

病院での検査方法は、ホルモンの分泌量を調べる血液検査が主体となっています。

 

生理不順、生活習慣の乱れを感じたら、いつもの事だと放っておかず、ぜひ病院で検査を受ける様にしましょう。

Sponsord Link