更年期障害 不整脈

Sponsord Link


男性の更年期障害について

40代後半から50代前半の女性に多く見られる更年期障害ですが、女性特有の病気ではありません。

 

男性の更年期障害の原因と症状についてを、詳しく勉強していきましょう。

 

男性の更年期障害は、ストレスなどが原因となって、男性ホルモンであるテストロステンの分泌が妨げられる事が原因で発症します。

 

女性の様に酷い症状まで発展する事はありませんが、緩やかに症状が進行していく為、気がついた時には症状が深刻化していた、という事もあります。

 

男性ホルモンが減少する事で起きる主な症状として、めまいや動悸、息切れが頻繁に起こったり、急にやる気が無くなったり、食欲が低下し不眠症になってしまう、などが挙げられます。

 

ほとんどの人が、これらの症状を加齢によるものと考えて放っておいてしまうのですが、テストロステンの減少が原因でこの様な症状が起きている場合、放っておくと、EDやうつ病などの大きな原因となってしまいます。

 

その他、ホルモンバランスが崩れる事により、自律神経に悪影響を及ぼし、動悸が酷くなるだけではなく、血圧上昇などにより、高血圧症や不整脈などの原因にもなってしまいます。

 

動悸や息切れ、めまいなどの症状が見られた場合は、疲れのせいにせず、病院を受診する様に心がけましょう。

 

男性更年期障害と不整脈について

更年期の不調を放っておく事は、様々な病気のリスクに繋がってしまうので、とても危険です。

 

特に、最近階段を登る時など、動悸や息切れが酷くはないですか?

 

40代位から、動悸や息切れなどの症状に悩まされるようになったのであれば、まずは更年期障害を疑ってみましょう。

 

男性ホルモンのエストロステンが減少する事によって起きるこの病気は、自律神経にも悪影響を及ぼします。

 

自律神経に作用してしまう事で、体の身体機能が崩れ、動悸や息切れ、めまいなどの症状の他、高血圧症や不整脈の発症の引き金にもなってしまうのです。

 

自律神経からくる息切れや動悸が原因で息を多く吸い込む事で、心拍数が上がってしまい、不整脈の原因となるのです

 

不整脈を発症たままにしておくと、とても危険な状態に陥ってしまいますので、苦しいと感じた時は、まず病院へ連絡するようにしましょう。

 

動悸や不整脈を一時的に抑えるには、落ち着いて息を吸ったり吐いたり、安静にしている事で収まる事もありますので、参考にしてみて下さい。

Sponsord Link