更年期障害 豆乳

Sponsord Link


男性や若い女性も、更年期障害を発症する危険があります

基本的に、更年期障害という病気は、40代後半から50代前半の「更年期」と呼ばれる女性に多く発症する病気の事です。

 

更年期に差し掛かると、閉経を迎える為に、今まで分泌されていた女性ホルモンが減少する事により、更年期障害の症状が引き起こされるのです。

 

なので、更年期障害という病気は、中年の女性特有の病気と思われがちなのですが、最近では更年期の男性や、若い世代の女性も多く発症している事が確認されています。

 

本来ならば男性は更年期障害を発症しにくいのですが、生活習慣の乱れや人間関係によるストレスが原因で、男性ホルモンの分泌に影響を及ぼしてしまい、男性更年期障害となって発症します。

 

若い女性はストレスや無理なダイエットなどが原因で、女性ホルモンの分泌が止まってしまう事により、更年期障害の症状を引き起こしてしまうのです。

 

更年期の女性のみの病気では無く、年齢や性別関係なく、状況が揃ってしまえば、誰でも発症する危険性があるという事を、覚えておいて下さいね。

 

更年期障害のチェック法

更年期障害は、自分でもチェックする事が出来ます。

 

女性であれば、基礎体温を測っておくと良いでしょう。

 

女性の体は、正常であれば28日から35日周期で、低温期と高温期が交互にやってきます。

 

低温期と高温期がバランス良くやってくる事で、排卵や月経が起きるのです。

 

基礎体温が乱れていると、無排卵や無月経などの症状となるので、まずは基礎体温を測る事から始めましょう。

 

男性は、めまいや体の火照り、微熱が続く、イライラやうつ感、EDなどの症状が出始めた場合、病院を受診する様にして下さい。

 

早期発見が、症状の改善と治療に大きく役立つのです。

 

更年期障害には、豆乳や漢方薬が効果的です

女性の更年期障害は、女性ホルモンが減少する事で引き起こされるので、女性ホルモンに似た物質を補充する事が、改善への近道です。

 

豆乳や豆腐などの大豆製品には、イソフラボンという、女性ホルモンに非常に似た働きがあるので、症状の改善や予防に、とても役立つ食品だと言えます。

 

また、漢方薬なども、副作用もなく、安心して服用出来る為、一般的な治療法として浸透しています。

 

最近ではドラッグストアでも、更年期障害改善の漢方薬が販売されているので、試してみるのも良いでしょう。

Sponsord Link