更年期障害 克服

Sponsord Link


更年期障害は女性だけの病気ではない

皆さんは、更年期障害と言うと、どんな事を思い浮かべますか?

 

「40代や50代の女性のみがかかる病気」や、「男性や若い世代には関係のない病気」と思っている人が大半だと思います。

 

特に、男性においては更年期障害への関心が低く、更年期についての知識はほとんど無いと言っても良いでしょう。

 

しかし、更年期障害という病気は、女性だけでは無く、男性も発症する可能性があるという事を覚えておいて下さい。

 

「更年期障害は、女性ホルモンが少なくなる事で起きる病気じゃないの?」と思われる方も居らっしゃると思いますが、女性ホルモンだけではなく、男性ホルモンが減少する事でも起きる病気なのです。

 

この場合、男性更年期障害と呼び、主な症状や治療法なども、女性が発症する場合と違ってきますので、男性更年期障害について、詳しく説明していこうと思います。

 

男性の更年期障…克服の道のり

男性更年期障害は、男性ホルモンであるテストステロンが減少して起こる症状の事です。

 

主な症状としては、女性の更年期障害で発症するめまいや火照り、動悸や息切れに加え、うつ病やEDなどが圧倒的に多いのが特徴です。

 

やる気や精力を作り出すテストロステンが少しづつ減少していく為、本人が気がつかない内に少しづつ、やる気や集中力・精力が低下していってしまうのです。

 

最近特にストレスを感じたり、眠れない、食欲が無い、ささいな事でイライラしてしまう、めまいや微熱などが続くといった症状が見られる場合、内科などで専門的な検査を行う事をお勧めします。

 

気がつかない内に症状が進行し、気がついたらうつ病やEDになってしまた、という男性が、非常に多いのです。

 

症状の改善には、男性ホルモンを投与したり、漢方薬を投与する事で、改善が見られます。

 

その他、生活習慣の乱れも体に大きなストレスを与える原因にもなりますので、生活習慣を見直す事も、男性更年期障害を克服する道となるのです。

 

なんだか辛いな、と思う時は、年のせいなどにせず、当てはまる症状があれば、病院で診察する様にしましょう。

Sponsord Link