更年期障害 何歳から

Sponsord Link


更年期障害についてを、詳しく把握しよう

更年期障害とは、女性特有の病気であり、閉経を迎える40代後半〜50代前半に多く見られる病気の一つです。

 

閉経に関する女性ホルモンの減少が大きな原因であり、体が女性ホルモンの減少について行けず、自律神経に強く作用してしまい、めまいや動悸、息切れなどの症状に繋がってしまうのです。

 

更年期障害で一番多い症状は、めまいや吐き気、頭痛、動悸や息切れ、イライラやうつ感、不眠や摂食障害に繋がる事も多く、症状の出方も強さも、個人差があるのが特徴です。

 

全く症状が出ない人も居れば、若いうちから更年期障害の症状に悩まされ、日常生活をまともに送れない程、症状が酷い人も居ます。

 

多くは「閉経が始まる40代後半から50代前半」で発症し、「男性や若い世代には関係の無い」病気として認識されていますが、実際は男性でも若い世代でも発症するという事を、覚えておいて下さい。

 

更年期障害は、年齢や性別に関係無く、条件が揃えば、誰でも発症する可能性のある病気なのです。

 

更年期障害と呼べるのは、何歳から?

若い世代で発症してしまう更年期障害の事を「若年性更年期障害」と呼び、男性が発症する更年期障害の事を「男性更年期障害」と呼んでいます。

 

実際の基準としては、40代後半から50代前半に差し掛かる女性の前後10年の時期の事を「更年期」と呼んでおり、この更年期に発症する症状の事を、更年期障害と呼んでいるのです。

 

しかし、40代後半から50代前半の更年期にのみ発症するのかというと、そうではありません。

 

最近では、無理なダイエットやストレスなどで女性ホルモンの減少が始まってしまう事で、20代や30代の女性にも、更年期障害が多く見られています。

 

男性も、女性よりも酷くはありませんが、ストレスなどによって男性ホルモンの分泌が減少すると、うつ病やEDなどといった、更年期障害と呼ばれる症状を引き起こすのです。

 

本来であれば、40代後半から50代後半の女性が多く患う病気だったのが、最近では何歳から、という基準は無く、状況が揃ってしまえば、誰でも更年期障害を発症するリスクを持っているのです。

Sponsord Link