更年期障害 ツボ

Sponsord Link


更年期障害の辛い症状を改善する為には?

更年期障害の症状は、人により個人差はありますが、主にめまいや体の火照り、吐き気などが挙げられています。

 

日常生活に支障をきたす様な更年期の症状を改善させる為には、減ってしまった女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」と、めまいや火照りなどの症状に合わせて、漢方薬などの投薬治療が行われます。

 

しかし、ホルモン補充療法は、肝臓を患っている人には行えず、女性ホルモンだけを補充し続ける事により、子宮体ガンなどのリスクも高まってしまいます。

 

更に定期的な健康診断も必要とする為、体にあまりの負担のかからない漢方薬やサプリメントの投薬治療を行う人も多いのですが、ホルモン補充療法よりも、即効性が無いのが難点です。

 

その為、ツボやお灸など、持続性は無くても安心して行える、即効性のある治療法が、更年期障害の治療法として、人気を集めているのです。

 

ツボやお灸は、更年期障害に効果があるの?

更年期障害の治療には、ホルモン補充療法と、漢方薬やサプリメントなどの投薬治療があります。

 

他にも、更年期障害の症状改善の為のツボ治療や、お灸などの治療もありますので、今回はツボやお灸についてを、説明していこうと思います。

 

ツボ押しやお灸は、漢方薬やサプリメントなどの効果の即効性を高めるのが目的で行われています。

 

ツボ押しもお灸も、体に負担をかける事なく不調を取り除いてくれるのが特徴であり、薬の様に持続性はありませんが、即効性は期待出来ます。

 

また、ツボ押しは、一度ツボを知ってしまえば、少し体調が悪くなった時でも自分で対応する事が出来ます。

 

お灸も、最近では自宅で出来るものも販売されており、手軽に行えるようになってきました。

 

幹部に刺激を与える事によって、筋肉神経を興奮させ、しびれなどを改善するだけではなく、更年期症状によく見られる神経の高ぶりや神経痛などを抑制する働きもあるのです。

 

心理的にもリラックスして行える為、辛い症状で悩んでいる方は、この機会にツボやお灸を試してみてはいかがでしょうか。

Sponsord Link