更年期障害 微熱

Sponsord Link


更年期の微熱は、更年期障害の始まり?

40代後半から50代前半の女性に多く見られる「更年期障害」ですが、閉経を迎え女性ホルモンが減少する事が原因で起こります。

 

症状には個人差がありますが、めまいや体の火照り、動機や息切れなどの症状が現れてきます。

 

症状の強さにも個人差がありますが、酷い人になると、日常生活が困難になってしまう人も居る程、深刻な症状を発症する場合もあります。

 

症状の予防や改善には、いち早く自分の体の変化を知る必要性があるという事を、覚えておきましょう。

 

しかし、自分が更年期と呼ばれる年齢に差し掛かっても、単なる寝不足や年齢による体力低下が原因での体調不良だと思い込んでしまう人も多く、症状が強くなって始めて更年期障害を意識する人も、少なくありません。

 

更に、更年期障害は女性特有の病気だと思われがちですが、男性にも更年期障害は発症する危険性があるのです。

 

そこで、男性・女性共に更年期障害を判断する症例として、微熱が何日も続くという症状が挙げられています。

 

40代後半に差し掛かってから、体温調節が上手く出来なかったり、微熱が何日も続く場合には、男女共に、更年期障害を疑った方が良いかもしれません。

 

微熱と更年期障害の関係

50代を目前にして、最近体温管理が上手く出来ない、という事はありませんか?

 

また、微熱が何日も続いて体が辛い、という経験はありませんか?

 

女性は女性ホルモンの低下、男性は男性ホルモンの低下が原因で更年期障害が引き起こされますが、ホルモンバランスの乱れは、自律神経に強く作用する性質があります。

 

自律神経に影響が及ぶ事で、身体機能が低下していき、怠さを伴う微熱や頭痛・めまいやほてりなどといった症状が現れて来るのです。

 

一見風邪の症状と似ていますが、この自律神経の症状を放っておくと、女性であればうつ病などの原因に、男性であればEDの原因になってしまうので、風邪の疑いがあっても、病院を受診する様にしましょう。

 

男性であっても女性であっても、40代後半から50代前半の更年期に、急に微熱が続くようになったのであれば、更年期障害を疑ってみて下さい。

Sponsord Link