更年期障害 腹痛

Sponsord Link


更年期障害でよくある症状

更年期に入ると、めまいや火照り、頭痛や動悸などの症状を訴える人も多くなってきます。

 

口臭が気になり出したり、意味も無く落ち込んだりイライラしたりする事も、更年期障害の症状の一つとして診断されます。

 

また、極端に食欲が減ったり、食欲が増大したり、睡眠障害などの症状も、更年期障害特有の症状として診断されるでしょう。

 

他には、嘔吐や腹痛、腹部の張りや便秘・下痢などの症状が強く現れる場合もあります。

 

これらの消化器系のトラブルは、更年期障害の症状としては一般的であり、腹痛や下痢などは、ストレスから来る胃腸不良が原因の場合が考えられます。

 

ストレスから来る胃腸不良が原因の腹痛の場合、よく噛んで食べたり、消化の良い食べ物を食べる事で、徐々に症状が改善されるでしょう。

 

他にも、適度な運動で胃腸に刺激を与える事で、症状が改善する場合もありますので、ぜひ試してみて下さい。

 

しかし、それでも改善しない腹痛、または不正出血も伴う腹痛の場合、何か別の病気が隠れている可能性があります。

 

どうしても改善しない腹痛などがある場合、病院を受診される事をお勧めします。

 

放っておいたら危ない「腹痛」とは?

更年期障害の主な症状の中に、腹痛や下痢・便秘などが挙げられます。

 

この様な症状は、適度な運動をし胃腸に刺激を与え、負担をかけない様な食生活を送る事で改善する場合がほとんどです。

 

ですが、中にはそれでも改善しない「怖い腹痛」も存在するのです。

 

何をしても下腹部痛が改善しない、または不正出血を伴う腹痛が続いているという場合、早急に病院を受診した方が良いでしょう。

 

女性ホルモンは、女性らしさを保つだけではなく、女性の健康を保つ大切な役割を持っています。

 

その為、女性ホルモンが減少してしまうと、様々な病気のリスクが高まるのです。

 

その中でも、特に子宮内膜症などの婦人科系の病気を発症しやすくなってしまいます。

 

ホルモンバランスの崩れで子宮の機能が弱まり、不正出血が起きる場合もありますが、同時に腹痛を伴う場合などは、婦人科を受診した方が良いと言えるでしょう。

 

適切な治療を早期に行う事で、婦人科系の病気の進行を止める事が出来るのです。

Sponsord Link