更年期障害 正体

Sponsord Link


更年期障害とはどんな病気なのか?

更年期障害とは、女性ホルモンが減少してしまう事で、体や心に不調を起こしてしまう病気です。

 

女性ホルモンは、月経を起こし出産や妊娠に備えるだけでは無く、骨粗鬆症を防いだり、肌の免疫なども高めてくれるので、女性の象徴とも言える艶やかな肌や髪なども、女性ホルモンにより保たれています。

 

この様に、私達女性にとっては欠かせない女性ホルモンですが、年齢を重ねるごとに少しづつ減少していき、ある一定の年齢を超えてしまうと、ガクンとホルモン分泌量が減少してしまいます。

 

この女性ホルモンが減少してしまうと、めまいや動機、シミやシワの増加、皮膚トラブルなど、様々な体の不調を引き起こすだけでは無く、情緒不安定になってしまうなど、精神面にも大きなダメージを与えてしまいます。

 

女性ホルモンが減少してしまう事で引き起こされる様々な不調の事を、私達は「更年期障害」と呼んでいますが、この症状はずっと続く訳ではありません。

 

症状の出方は人それぞれであり、女性ホルモンの減少に体が慣れてくると、次第にこの不快な症状が改善していきます。

 

しかし、すぐに治る病気では無い為、この不快な症状が酷い場合には、漢方薬などの投薬治療を行い、症状の改善を図っていくのが一般的な治療となっています。

 

更年期障害に年齢や性別は関係無い?!

 

更年期障害は女性特有の病気であり、女性ホルモンが著しく減少し始める4〜50歳代の女性に多く発症する傾向があります。

 

4〜50歳代になると、体は妊娠・出産の役目を終えたと認識し、月経を起こす為の女性ホルモンの分泌を減少させる様に指令を出します。

 

しかし、子宮では月経に備える為に女性ホルモンの分泌をする様に指令を出してしまいます。

 

この食い違いによって、体や心の不調が起きてしまうのです。

 

この症状を更年期障害と呼んでいますが、年齢や性別関係無く発症するケースが増えてきました。

 

女性ホルモンはストレスにかなり弱い為、ちょっとしたストレスを感じるだけでも、分泌が止まってしまいます。

 

ストレス社会に進出し始めた2〜30歳代の若い世代でも、若年性更年期障害として発症するケースも増えています。

 

また、男性にも、更年期障害と呼ばれる症状が発症するケースも、徐々に増えつつあるそうです。

 

いずれの場合も、ホルモン治療の他に、症状に合わせた漢方薬の投薬が一般的な治療法となっています。

Sponsord Link