更年期障害 症状

Sponsord Link


更年期障害になると、どのような症状があるのですか?

更年期障害とは

 

更年期障害とは、更年期に起きる様々な体の不調の事を意味しています。

 

主に女性に多いとされるこの症状ですが、40代後半から50代前半に起こる閉経が原因で起こる症状なのです。

 

女性は、40代に差し掛かるあたりから、閉経の準備の為に、子宮から分泌される女性ホルモンの量を少しづつ減少させていきます。

 

その為、40代を過ぎるあたりから月経のトラブルが多くなるのです。

 

しかし、分泌するホルモン量は減少しても、脳からは正常にホルモン分泌をする様にと指令が下されます。

 

この指令を伝達するのが自律神経の役目なのですが、子宮では分泌を減少させ、しかし脳では正常に分泌しろとの食い違いにより混乱し、働きが鈍ってしまうのです。

 

この自律神経が乱れる事により、様々な不快な症状となって、体に現れるのが、更年期障害の症状、という訳なのです。

 

よって、更年期障害は40代から50代の女性に非常に多い症状の一つなのですが、最近では男性や若い世代の女性にも、多く発症する事例が報告されています。

 

男性は男性ホルモンの減少により、更年期障害特有の症状が現れ、女性は無理なダイエットや日常のストレスが原因で、ホルモン分泌が止まってしまう事により、自律神経の働きを鈍らせ、更年期障害の症状を引き起こしてしまうのです。

 

条件が揃えば、性別や年齢に関係なく引き起こされる症状として理解しておくと良いでしょう。

 

更年期障害の主な症状

 

更年期障害で現れる主な症状についてを説明します。

 

  • 体のほてり、突然の大量の発汗、のぼせなど
  • めまいや動悸、息切れ、手足の震えなど
  • 腰痛、肩こり、頭痛、吐き気など
  • 不眠や食欲不振など
  • 突然イライラしたり、気分の浮き沈みが激しくなるなど

 

これらの症状が、一般的な更年期障害の症状として現れる事が多いです。

 

特に最初の行に書かれてある体のほてりやのぼせなどといった症状は、まとめてホットフラッシュと呼ばれる事が多く、一番現れやすい症状の一つです。

 

これらの症状の原因は、自律神経の働きが鈍ってしまう事が、一番の大きな原因で引き起こされるのです。

更年期障害って完治するのでしょうか?

更年期障害の発症期間

 

40代から50代にかけての更年期と呼ばれる時期に起こる、様々な体の不調の事を、更年期障害と呼んでいます。

 

更年期障害の症状の原因は、閉経を迎えるにあたり、女性ホルモンが著しく低下してしまう事により引き起こされます。

 

女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、ホルモン分泌の指令を伝達している自律神経の働きをも鈍らせてしまう為、自律神経失調症と良く似た症状を引き起こしてしまうのが、更年期障害の主な原因と言われています。

 

ただし、更年期障害の特徴としては、心臓病や糖尿病などの他の病気と違い、ある一定の期間を過ぎてしまうと、パタリと症状が消えてしまうのです。

 

女性の更年期障害は、閉経が起きる40代後半から50代前半の、前後10年間が発症期間だとされています。

 

発症してから10年過ぎてしまうと、それまで悩んでいた症状は完治してしまう事が多いのです。

 

男性は女性よりも長く、発症すると8年〜15年程の期間を経て、完治へと向かうのです。

 

ただし、例外もあるという事を覚えておきましょう。

 

若い世代の女性でも、ホルモンバランスが崩れると、更年期障害と同じ症状を引き起こす事があります。

 

若い世代の更年期障害には治療が必要という事を、しっかりと覚えておいて下さい。

 

更年期障害の治療

更年期障害は、ある一定の期間を過ぎれば完治してしまう症状です。

 

その為、辛い症状があるのに関わらず、更年期障害だからと我慢してしまう人も多いのが現状です。

 

確かに、我慢すればいずれはなくなる症状ではありますが、症状の現れ方は個人のよってかなり差があり、日常の生活に支障が出る程の人もいます。

 

また、女性ホルモンには肥満を抑制する働きや、骨を強くする働きもあります。

 

急激な女性ホルモンの減少を放っておくと、更年期が終わった時に、肥満や心臓病、骨粗鬆症を発病させる大きな原因にも繋がるのです。

 

症状が出始めた場合、進行を防ぐ他、更年期後の病気のリスクを減らす為にも、必ず病院を受診する様にしましょう。

男性の更年期障害の症状って、女性とどう違うの?

男性の更年期障害とは?

 

更年期障害とは、一般的に中高年の女性に現れる症状のイメージがありますが、男性にも更年期障害があるのです。

 

男性の更年期障害の原因についてを、まずはお話していきますね。

 

女性は閉経を迎える為に女性ホルモンが減少する事が原因で、更年期障害の症状が現れます。

 

男性は男性ホルモンの減少が原因で、更年期障害の症状が現れるのですが、女性の様に閉経がある訳でもありません。

 

なぜ、男性ホルモンが減少してしまうのかと言うと、ストレスや過労、加齢が原因で、ホルモン分泌を妨げてしまう事が原因と言われています。

 

近年、不景気により男性の仕事量や残業が増えている傾向にあります。

 

また、男性の中高年は、気力や人生経験は豊富ですが、若い世代から比べると、体力的にも衰えているので、様々な病気のリスクも高まります。

 

若い頃は耐えられていた事が、更年期に差し掛かるとストレスとなって大きく降りかかって来る事で、ホルモンの分泌に悪影響を起こしてしまうのです。

 

暴飲暴食などで体に大きな負担を与え続ける事も、ストレスの原因となるので、更年期障害を引き起こしやすくなると言えるでしょう。

 

男性と女性の更年期障害の違い

男性の更年期障害と女性の更年期障害の違いについてを説明します。

 

男性、女性共に分泌されているホルモンは違いますが、共通している事は、ホルモンバランスが崩れると自律神経に悪影響を及ぼし、不快な症状となって現れる、という点です。

 

ただし、分泌されているホルモンが違う為か、症状にも違いが見られます。

 

自律神経が乱れる事が大きな原因なので、引き起こされる症状は女性とほとんど同じですが、女性は始めに月経不良を起こす事に対し、男性の場合はやる気、思考能力の低下、気分の浮き沈みが激しくなる、などといったうつの症状が先に現れます。

 

男性ホルモンには、精力的に活動したり、やる気を出したり、性欲を増加させる働きがあります。

 

その為、男性は女性よりも精力的に活動する事が出来るのですが、男性ホルモンが減ってしまうと、真っ先にうつの症状が引き起こされます。

 

また、性欲も激減する為、朝勃ちが無くなったり、EDになったりしてしまうのです。

更年期障害に効く有効な対策ってありますか?

更年期障害を予防する為には

 

女性の更年期障害は、女性が閉経を迎えるにあたり、女性ホルモンの減少が原因で引き起こされる症状の事です。

 

その為、女性にとっては、避けて通れない道と言えるでしょう。

 

しかし、中には更年期に入って閉経を迎えても、症状が軽く済んだり、全く出ない人も居るのです。

 

逆に、症状がとても重く、更年期に入り人格が変わってしまう人も、少なくありません。

 

症状が全く出ない人、軽い人、重い人と、症状の現れ方に個人差があるのは、何故なのでしょうか。

 

一般的に良く言われているのは、産後に無理をすると更年期が酷くなると言われています。

 

また、生理痛が酷い人は、更年期障害を引き起こす確率が高いと言われています。

 

産後に無理をすると更年期障害を引き起こす、というのは、医学的には有り得ない事とされていますが、産後に無理をしてしまう事でホルモンバランスを崩し、若くても更年期障害とよく似た症状を引き起こす事があります。

 

産後は自分が思うよりもデリケートである為、無理をしない方が良いという事ですね。

 

また、生理痛が重いという事は、子宮の機能が正常ではないという事になります。

 

中には立っているのも辛く、生理中は仕事や学校を休む程、症状に悩む人も居ますが、月経不良を放っておくと、ホルモンバランスの乱れをも引き起こしてしまうのです。

 

更年期を予防する為には、常日頃から、自分の体と向き合う事が大切だと言えるでしょう。

 

更年期障害に有効な対策とは?

必ず来る更年期。

 

更年期に起こる症状を軽くする為には、やはり日頃の生活習慣を見直す事が一番の有効な対策と言えます。

 

女性ホルモンは、骨を健やかに保ち、肥満などを抑制する働きもあります。

 

肌の機能を正常に保ったり、髪の毛なども健やかに保つ、女性の健康には欠かせない成分の一つです。

 

しかし、いずれは女性ホルモンの分泌が止まってしまう為、食品などから、女性ホルモンに代わる栄養素を取り入れなくてはいけません。

 

日頃から大豆製品を食べる、好き嫌いせず、野菜や魚も積極的に摂取する、暴飲暴食をしない、適度な運動を心がける、趣味を持ち、ストレスをなるべく溜め込まない様にする。

 

これらの事に気をつけているだけでも、更年期の症状を抑える効果もあるのです。

 

今から作られた基礎が、5年後、10年後の自分に大きく関係してくると言えるでしょう。

Sponsord Link